接着・界面現象研究ラボ

現在位置組織材料・化学領域 > 接着・界面現象研究ラボ

エレクトロニクスから航空機に至るまで,接着技術は広範な工業製品に使用されています.この更なる技術革新には,界面現象を含む“接着”に関する重点的な研究が必要となります。

当研究ラボででは,次世代接着に必要とされる基盤技術に関して,その基礎からアプリケーションに至る幅広い分野を対象とし,産学官の連携を図りつつ研究開発を進めていきます 。



更新情報


2016年12月02日 イベント 第4回 先端計測技術の応用展開に関するシンポジウム(SAAMT2016)   
佐藤正健研究グループ長が研究発表を行います。
     * 日時:2016年12月8日(木)−9日(金)
     * 会場:東海村産業・情報プラザ
     * 招待講演:佐藤正健研究グループ長 ”LIBSによる被着体表面検査手法の研究開発”
2016年10月01日 お知らせ 〜〜接着・接合技術コンソーシアム設立のお知らせ〜〜   
      詳細はこちら
2016年09月02日 イベント 産総研 接着ラボ ー フラウンホーファー研 IFAM 合同ワークショップ
Workshop on Joint R&D in Adhesion Bondingのお知らせ。
* 日時 :  2016年10月25,26日
* 場所 : ドイツ ブレーメン
   参加、問合せはラボメールアドレスまで。
      詳細はこちら
2016年08月22日 イベント Workshop of National Insutitute of Advanced Industrial Science and Technology and Fraunhofer Institute for Manufacturing Technology and Advanced Materials
* Date :  Oct/25/2016 and Oct/26/2016
* Location : Fraunhofer Institute for Manufacturing Technology and Advanced Materials IFAM
   Wiener Strasse 12    28359 Bremen, Germany
      Detail
2016年07月11日 イベント 関西接着ワークショップ2016年度第1回研究会
   * 日時:2016年7月25日(月)13時20分より17時00分まで
   * 場所:大阪市立大学梅田サテライト 文化交流センター 大セミナー室
     〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階
      詳細はこちら
2016年06月10日 イベント Trialkylborane-initiated graft polymerization of acrylate monomers onto a surface of a polypropylene plate
Haruhisa Akiyama, 1 Atsuko Tabata,1 Shin Horiuchi1 and Chiaki Sato1,2 1Adhesion and Interfacial Phenomena Research Laboratory, National Institute of Advanced Industrial and Science Technology, 2Tokyo Institute of Technology
2016 6/17  ACA2016
発表予定です。
2016年06月10日 お知らせ 軽量化を支える、異種材料接着技術の世界動向
  ドイツの後塵を拝した日本への提言
佐藤千明=東京工業大学 科学技術創成研究院 准教授
  日経ものづくり6月号 特集2
  http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/mag/15/320900/052000011/
2016年06月10日 お知らせ アメリカ接着学会の年次大会のポスター賞のニュースでています。(7ページ目)
  URL:http://www.adhesionsociety.org/newsletters/
Newsletters - Adhesion Society
  www.adhesionsociety.org
 Quick Links. Annual Meeting. Proceedings Archive; Short Course: “Adhesion Science and Technology” ... Copyright 2016 © Adhesion Society ▪ TEks Design
2016年06月10日 イベント 学会:Joining in Car Body Engineering 2016
  URL:http://www.automotive-circle.com/Review/Joining-in-Car-Body-Engineering-2016
題目:Direct visualization of mechanical stress in adhesive bonds and car body structures through mechanoluminescence
 登壇者:寺崎 正
 種類:招待講演
2016年06月03日 イベント 第 35 回無機高分子シンポジウムの開催のお知らせ
  〜無機高分子による界面制御、接着・接合の最前線〜
佐藤千明 研究ラボ長および堀内伸 上級主任研究員が講演いたします。 https://www.spsj.or.jp/entry/annaidetail.asp?kaisaino=1124
 電子顕微鏡による高分子/金属接合メカニズムの解析 堀内伸 上級主任研究員
 接着の基礎と異種材料の接着接合 佐藤千明 研究ラボ長
 * 開催日: 2016年06月24日(金) 10:30〜16:20
 * 会 場: 東京理科大学 森戸記念館 第1フォーラム
          東京都新宿区神楽坂4-2-2
2016年06月03日 イベント 日本塑性加工学会 複合・接合分科会第 90 回講演会のおしらせ
堀内 伸 上級主任研究員が講演
 * 開催日:2016年06月22日(水)
 * 会 場:東京都八王子市
   次代の接合技術と先端評価技術
   http://www.jstp.or.jp/commit/joining/
   樹脂-金属接合界面特性評価方法と接合メカニズムの解析  堀内 伸 上級主任研究員
2016年06月02日 イベント 日本顕微鏡学会 第 72 回記念学術講演会で6月15日(水)にポスター発表を行います。
   http://www.microscopy.or.jp/conf2016/program.html

 小曽根 雄一(リンテック)、堀内 伸 上級主任研究員
 * 開催日:2016年6月14日(火)〜16(木)
 * 会場:仙台国際センター
2016年06月02日 イベント 第 54 回日本接着学会年次大会 にて6月18日(土)堀内 伸 上級主任研究員が研究発表を行います。
秋山 陽久 主任研究員、宮前 孝行 主任研究員も講演。
電子顕微鏡による金属/接着剤界面の解析            
   http://www.adhesion.or.jp/seminar/seminar_detail/0/0/33/
 * 開催日:2016年6月16日(木)・17日(金)・18日(土)
 * 会 場:東京工業大学大岡山キャンパス蔵前会館(東京都目黒区大岡山2-12-1)
      詳細プログラム→
2016年06月02日 イベント 第 7 回 SFG研究会  〜「柔らかな分子系」ワークショップ和周波分光の進展〜
 * 期間:2016年6月10日(金) 〜11日(土)
 * 会場:東京工業大学
           大岡山キャンパス 西9号館 コラボレーションルーム / メディアホール
   6月10日(金) 東工大でのワークショップで宮前 孝行 主任研究員が講演いたします。
   http://www.op.titech.ac.jp/lab/ouchi/sfg7.html
  招待講演;Takayuki Miyamae (AIST)
"Towards the analysis of the adhesive interfaces by sum-frequency generation spectroscopy"
2016年06月02日 出版物 「表面・界面技術ハンドブック」
 〜材料創製・分析・評価の最新技術から先端産業への適用、環境配慮まで〜
   監修者:西 敏夫  出版社:NTS Inc   発刊:2016年4月19日
堀内上級主任研究員および宮前主任研究員も以下執筆。
*第2章第4節第3項「和周波発生分光に夜埋もれた界面の測定」(宮前孝行 主任研究員)
*第2章第4節第6項「電子顕微鏡による接着界面解析」(堀内伸 上級主任研究員)
2016年06月02日 お知らせ 平成28年度 ナノテクキャリアアップアライアンスのご案内
https://nanotechcupal.jp/nip/
産総研 透過型電子顕微鏡による高分子試料解析技術入門コース《短期型》
2016年03月02日 更新 メンバーが増員されました(7名→13名)。
2016年02月29日 更新 第一回接着ラボシンポが開催されました。ご来場の皆様ありがとうございました。
2015年12月24日 イベント 第一回構造接着研究シンポジウム開催   −構造接着本格研究に向けて−   
*日 時 :2016年2月29日(月) 13:20〜
*場 所 :産総研 つくばセンター共用講堂、ホワイエ(ポスター会場)
  産総研つくば中央案内図
                〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1
*参加費 :無料
*定 員 :200名
   第一回構造接着シンポジウム”は参加申し込み多数のため、2月19日をもちまして受付を終了いたしました。 多数の申し込みをいただき、ありがとうございます。
  なお、29日当日は11時より受付を開始いたします。
  申込み受付等、詳細はこちら
2015年12月10日 更新 日本語ホームページリニューアル


研究内容

主な研究テーマは,接着界面の分析,新規接着剤材料の開発、接着接合部の強度評価および信頼性評価,表面処理法の開発,並びに検査手法の開発などです。各種プロジェクトを通して、産学官の連携を図ることを大きな目標としていますので、技術的な課題をお持ちの場合は,お気軽にご連絡下さい。


メンバー

氏名 役職 メールアドレス

(_at_を@に変えてください)

佐藤 千明 研究ラボ長(特定フェロー ▪ 東工大准教授)

chiaki.satou_at_aist.go.jp

csato_at_pi.titech.ac.jp

堀内   伸 ナノ材料研究部門 ▪ 上級主任研究員

s.horiuchi_at_aist.go.jp

宮前 孝行 ナノ材料研究部門 ▪ 主任研究員

t-miyamae_at_aist.go.jp

田嶌  一樹 ナノ材料研究部門 ▪ 主任研究員

k-tajima_at_aist.go.jp

船橋 正弘 機能化学研究部門 ▪ 上級主任研究員

m.funabashi_at_aist.go.jp

佐藤 正健 機能化学研究部門 ▪ 研究グループ長

sato-tadatake_at_aist.go.jp

秋山 陽久 機能化学研究部門 ▪ 主任研究員

h.akiyama_at_aist.go.jp

遠山 暢之 計量標準総合センター 分析計測標準研究部門 ▪ 主任研究員

toyama-n_at_aist.go.jp

下位 幸弘 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター ▪ 研究チーム長

y.shimoi_at_aist.go.jp

三浦 俊明 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター ▪ 主任研究員

t-miura_at_aist.go.jp

森田 裕史 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター ▪ 研究チーム長

h.morita_at_aist.go.jp

寺崎   正 製造技術研究部門 ▪ 研究グループ長

nao-terasaki_at_aist.go.jp

島田   悟 電子光技術研究部門 ▪ 主任研究員

satoru-shimada_at_aist.go.jp

小中 浩子 ナノ材料研究部門 ▪ アシスタント

h.konaka_at_aist.go.jp

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 材料・化学領域 接着・界面現象研究ラボ

〒305-8568 茨城県つくば市東1−1−1 つくば中央第5
電話:029-861-4437, Eメール:airl-ml@aist.go.jp