省エネルギー研究部門

省エネルギー研究部門 Home iECO Home (English)
現在位置組織 > エネルギー・環境領域 > 省エネルギー研究部門 > 研究グループ > エンジン燃焼排気制御グループ

エンジン燃焼排気制御グループ

当グループは、自動車メーカが直面している「競争前領域」の共通課題など自動車業界の全体的なニーズを正確に捉え、エンジン燃焼と排出ガス浄化に関する先進技術の開発に向けた基礎的および先導的研究を行っています。また、次世代エンジンシステムの実用化に資する研究開発を実施し、運輸部門の石油依存度低減に貢献。さらに、自動車燃料に係わる国内外標準化を継続的に推進しています。

研究領域とテーマ

  1. 産業ニーズ対応型エンジンシステムの基盤研究(AICE,SIP,民間共同研究)
    • EGRデポジット生成メカニズムの解明
    • X線技法による燃料噴霧詳細解析
    • 排出ガス浄化システムの動作および劣化挙動予測技術
    • 触媒の貴金属使用量大幅低減化に関する研究
  2. 次世代エンジンの実用化に資する研究開発(民間共同研究)
    • 高性能ジメチルエーテル(DME)自動車
    • 革新的噴霧・着火・燃焼技術
  3. 自動車燃料の標準化研究開発(経産省ERIA,運営費交付金,民間共同研究)
    • DME燃料の国内外標準化

エンジン燃焼と排出ガス浄化に関する研究開発

※ 画像クリックで拡大表示



EGRデポジット生成メカニズムの解明

【背景/目的】
RDE や Type6 test 等のエミッション規制
強化に伴うEGRの導入領域の拡大
↓
エミッション規制強化の対応と信頼性を両立
可能なEGRシステムを効率良く開発する

【方法】
排ガスとデポジットの詳細化学分析結果より,
デポジット生成メカニズムを推定・検証・解明
    
デポジット堆積
     Rich燃焼や低温下まで
EGR導入すると、、、

デポジットが堆積し易い
使用環境拡大

⇒各社共通の課題



排ガス浄化システムの動作・劣化挙動予測技術

  • 希釈反応システムによる高沸点/高濃度炭化水素の触媒反応速度計測
  • 酸化触媒上での炭化水素類の挙動予測モデル構築


    
希釈反応システムで得られた代表的な軽油中の炭化水素
(セタンと1-メチルナフタレン)のDOC上での反応速度

主な実験装置

※ 画像クリックで新ウィンドウに拡大表示します

エンジンベンチ室とその周辺

  
エンジンベンチ室

単気筒638ccディーゼルエンジン
     単気筒2,000ccディーゼルエンジン
カムレスシステム&超高圧インジェクタ搭載


photo   
エンジンベンチ制御室
photo   
エンジンダイナモメータ制御盤
photo   
排出ガス分析計等

エンジン内 燃焼可視化

   (左)燃焼可視化エンジン



(下)DME直噴ディーゼル
   燃焼の観察

Full spectra

OH

C2
   (左)燃料噴霧観察用定容燃焼容器


(下)燃料噴霧発達過程の観察
  

テストコース

   1周 3,200m
産総研つくばセンター 北サイト内

触媒活性評価装置

分析室




   排出ガス,燃料性状,デポジットの詳細分析等

・GC-FID,GC-MS,HPLC など

メンバー

グループ長 内澤 潤子
メンバー 佐々木 基   |   木下 幸一   |   水嶋 教文   |   黄 魏迪   |   小熊 光晴(兼務)

最終更新日 2018.4.1