サービス価値拡張研究チーム
Service Value Augmentation Research Team

地域や産業全体でのサービスのエコシステムの実現を目指して、多様な価値を融合・拡張するためのサービスプラットフォームの開発を行います。
サービス価値拡張研究チーム 画像
チームメンバー
竹中 毅(研究チーム長) <takenaka-t[AT]aist.go.jp>
山本吉伸  <yoshinov.yamamoto[AT]aist.go.jp>
幸島明男  <sashima-akio[AT]aist.go.jp>
三輪洋靖  <h.miwa[AT]aist.go.jp>
渡辺健太郎  <kentaro.watanabe[AT]aist.go.jp>
井上祐樹  <yuki.inoue[AT]aist.go.jp>
António Oliveira Nzinga René <a-rene[AT]aist.go.jp>
ストリームデータ指向のセンシングサービスアーキテクチャに関する研究
IoT技術の進展により、都市空間や個人の生活空間において日々生成される大量のセンシングデータを、必要とする人やサービスへ、適切な形式で送り届けるための情報処理の仕組みについて研究しています。
サービス価値拡張研究チーム 画像
サービスベンチマーキング
サービスの価値は、顧客満足、従業員満足、提供品質、経営の効率性、収益性、社会的価値など様々な視点から評価されなければなりません。我々はサービス工学に基づく新たなサービス・ベンチマーキング手法を開発することで、サービス事業者が自社の強み、弱みを企業間、産業間比較を通して理解し、新たなサービス価値を設計する意思決定支援に関する研究を行っています。
サービス価値拡張研究チーム 画像
介護サービスの見える化に関する研究
介護サービスにおけるサービスプロセスやサービス品質の計測手法を開発し,介護サービスの設計や介護スタッフの教育の支援,サービスに合わせた支援技術の開発,介護支援機器やサービスの評価への活用を目指しています.
サービス価値拡張研究チーム 画像

↑ PAGE TOP