ここにheader.htmlが読み込まれる

運動機能拡張研究チーム
EXercise motivation and Physical function Augmentation Research Team

チームメンバー
チームメンバー
小林 吉之

小林 吉之
こばやし よしゆき

研究チーム長

学位:博士(人間科学)

一言メッセージ
研究者個人としては、日々の生活の中で見つかる、ちょっとした「なぜ?」を明らかにすることが大好きです。
最近では、「なぜ雨の日に傘をさしているのに、靴が濡れるのだろう?」ということに疑問を感じ、傘の差し方に関する歩行分析を行いました(論文は鋭意執筆中です)。
このような研究を通じて、健康の「押し売り」ではなく、「普段の生活の中で、楽しみながら、気が付つくと健康になっていた」ということの実現を目指しています。とても難しい挑戦ですが、その分やりがいがありますので、日々楽しみながら研究をしています。
専門分野
歩行分析、人間工学
研究テーマ
  • 加齢による姿勢・運動制御機能の低下メカニズムの解明
  • 簡易センサを用いた身体運動特徴評価・提示技術の開発
  • 歩行データベースの整備と拡張
研究の目的
歩行を通じて、健康の維持増進に貢献すること
歩行特徴の定量的評価に基づいて、よりよい歩き方を理解すること
研究キーワード
歩行、転倒、人間工学、バイオメカニクス
経歴や業績の詳細(Researchmapへ)
https://researchmap.jp/YoshiyukiKobayashi/
藤本 雅大

藤本 雅大
ふじもと まさひろ

主任研究員

学位:博士(バイオメカニクス)

一言メッセージ
ヒトって不思議です。ヒトの動作を分析することで、普段何気なく実行している単純な動作一つとっても、実に「理に適って」うまくコントロールされていることが分かります。
自分のことなのに自分でもわかっていない、実によくできたヒトの運動制御の仕組みが分かる事に、研究の醍醐味を感じます。「ヒトを理解する」研究を通じて、「ヒトの役に立つ」技術の創出を目指しています。
専門分野
身体運動のバイオメカニクス、リハビリテーション科学
研究テーマ
  • 加齢による姿勢・運動制御機能の低下メカニズムの解明と転倒予防
  • 外乱刺激に対するバランス応答の評価
  • 身体動作中の重心の動的安定性の評価
研究キーワード
バイオメカニクス、姿勢・運動制御、リハビリテーション、動作・歩行分析、転倒
経歴や業績の詳細(Researchmapへ)
https://researchmap.jp/7000008187/
肥田 直人

肥田 直人
ひだ なおと

産総研特別研究員

学位:博士(保健医療学)

一言メッセージ
前職は病院の理学療法士として、多くの患者さんのリハビリテーションに携わっていました。
転倒して受傷される方を診させて頂くなかで、転倒した方を治療するだけではなく、転倒そのものを防ぐための研究をしたいと思うようになりました。
「転倒予防のために必要な機能に関して」研究を深めることによって、人のお役に立てるように日々頑張っています。
専門分野
歩行分析、リハビリテーション
研究テーマ
  • 歩行速度の増加を要求される状況下での転倒メカニズムの解明
  • 歩行中の重心動揺増大メカニズムに基づく新たなバランストレーニングの提案
研究の目的
高齢者の健康増進や転倒予防に貢献すること
研究キーワード
歩行、リハビリテーション、転倒予防、バイオメカニクス
所属学会
日本理学療法士協会
略歴
2006/4~2010/3: 神奈川県立保健福祉大学 理学療法学専攻
2010/4~2014/12: 医療法人 佐藤病院 理学療法士
2013/4~2015/3 : 神奈川県立保健福祉大学大学院 修士課程
2015/1~2019/3: 医療法人 博生会 本牧病院
2015/4~2018/3 : 国際医療福祉大学大学院 博士課程
2019/4~:    産業技術総合研究所 人間拡張研究センター 特別研究員
経歴や業績の詳細(Researchmapへ)
https://researchmap.jp/naotohida
No Image

中嶋 香奈子
なかじま かなこ

研究員

学位:博士(理学)

一言メッセージ
学生の頃から高齢者の方の転倒予防に関する研究に携わる中で、人間の足部機能の重要性について面白さを感じ、足元から考える健康支援についてこれまで研究を進めてきました。
評価装置の開発や歩行分析が私の主な研究手法ですが、実験にご協力いただいた様々な地域の方の「自分の計測結果がわかって良かった」・「運動するための指標になった」などの、いただいた多くのお声が私の研究のやりがいに繋がっています。
このような想いを形にし、社会に還元できるような活動を続けていきたいと考えています。
専門分野
歩行分析、生体医工学、人間工学
研究テーマ
  • 足部機能に着目した高齢者の転倒予防に関する研究
  • 歩行寿命の延伸を目指した足部機能評価技術の開発
研究の目的
足元の機能を維持することで人々の歩行寿命の延伸を目指すこと
足部・歩行機能を向上させることで、転倒予防を進めること
研究キーワード
歩行、転倒予防、足部異常、人間工学
経歴や業績の詳細(Researchmapへ)
https://researchmap.jp/k-nakajima
▲Top