工学計測標準研究部門

現在位置組織  >  工学計測標準研究部門  >  研究グループ紹介  > 
► English    

  • 540 kN 実荷重式力標準機

  • 20 kN 実荷重式力標準機

  • 100 kN 実荷重式力標準機

  • 20 MN 油圧式力標準機

  • 1 kN·m 実荷重式トルク標準機

  • 20 kN·m 実荷重式トルク標準機

  • 10 N·m 実荷重式トルク標準機

  • 参照用トルクレンチ

  • 電磁力式トルク標準機

力・トルク(力のモーメント)の各量について、これまで開発・整備を進めてきた国家計量標準の範囲を拡大し、高度化し、国際整合性を確保し、標準を維持して産業界に安定的に供給することが、当研究グループの主たるミッションである。

力に関しては力標準機から力計さらには材料試験機へ、トルクに関してはトルク標準機からトルクメータ・トルクレンチやトルク試験機へと、国家標準から現場の一般計測器につながるトレーサビリティを確保するために必要な課題について研究・技術開発を行っている。

研究テーマ

  1. 力標準の開発と高度化:ひずみゲージ式力計と比べて感度の長期安定性に優れた音叉共振式力計の開発と、これを応用した力比較器の開発を進めています。

  2. トルク標準の開発と高度化:トルク標準の下限を0.01 N mまで拡大するための研究と、標準供給に必要となる高精度小容量トルク計測機器の開発をしています。

  3. 電磁力を利用したトルク校正技術の開発:電磁力による精密な微小トルクの実現方法に関する研究と、この原理に基づいた微小トルク標準機の開発を進めています。

  4. 分力計の評価技術の開発:一方向の力だけでなく、異なる方向の力やモーメントの組み合わせに対する応答によって、分力計を評価する研究をしています。

連絡先

グループリーダ:

E-mail: <at> aist.go.jp

のHP