省エネルギー研究部門

現在位置組織 > エネルギー・環境領域 > 省エネルギー研究部門 > イベント・講演会 > エネルギー技術シンポ (2017.11.30)

産総研 エネルギー・環境シンポジウムシリーズ

エネルギー技術シンポジウム2017
特集 “低炭素社会実現にむけた革新エネルギー材料の研究開発”

日本の温室効果ガス排出削減目標として、2030年に26%減(2013年比)、2050年 80%減という高い目標が掲げられています。低炭素社会を実現するには、従来技術の省エネ化に加え革新的な技術が必要で、高性能なエネルギー材料の開発がその鍵となります。
本シンポジウムでは、大学・企業の有識者からエネルギー材料の研究開発動向とその応用をご紹介いただくとともに、産総研エネルギー・環境領域で取り組んでいる革新的なエネルギー材料の最新研究開発をご紹介します。また、昨年設立したイノベーションコンソーシアム “固体酸化物エネルギー変換先端技術コンソーシアム(ASEC)” と関連ラボ (ALSEC) での取り組みを紹介し、技術の社会実装に向けた材料開発の必要性についても議論します。
皆様のご参加をお待ちしております。
日時2017年11月30日(木) 13:00~17:35  (開場 12:20)
プログラム
>> プログラム (PDF)
場所東京国際交流館 プラザ平成 国際交流会議場
(東京都江東区青海 2-2-1 国際研究交流大学村内。
 ゆりかもめ“船の科学館”下車)
アクセス >> http://www.jasso.go.jp/ryugaku/kyoten/tiec/access.html
参加費無料
  ※ 事前登録受付は終了しました。
※ 当日のご登録も承ります。会場受付に名刺 1枚をお持ちください。

プログラム概要

13:00-13:05開会挨拶産総研 省エネルギー研究部門長
宗像 鉄雄
13:05-13:15来賓挨拶経済産業省 産業技術環境局
研究開発課
1.基調講演 (30分)
13:15-13:45 エネルギー材料開発からデバイスへ
東京工業大学 物質理工学院 応用化学系 副学院長 菅野 了次
2.講演 (100分)
13:45~ エネルギー・環境領域における低炭素社会に向けたエネルギー材料研究
仁木 栄 (エネルギー・環境領域 領域長補佐)
 キャパシタ用ポーラスカーボン電極材料の開発曽根田 靖 (創エネルギー研究部門)
 安全で効率的な水素貯蔵に向けた水素吸蔵合金の研究開発中村 優美子 (創エネルギー研究部門)
 高性能超電導材料の開発和泉 輝郎 (省エネルギー研究部門)
 レドックスフロー電池材料の開発佐藤 縁 (省エネルギー研究部門)
 次世代2次電池材料の開発松田 弘文 (省エネルギー研究部門)
     ~15:25固体酸化物形燃料電池材料の研究開発山地 克彦 (省エネルギー研究部門)
コーヒーブレイク & ポスターセッション (55分)
15:25-16:20 ポスターセッションにて、産総研 創エネルギー研究部門・省エネルギー研究部門の研究をご紹介します。
» ポスターセッション 発表題目
3.招待講演 (30分)
16:20-16:50 カーボンフリー社会実現に向けた取り組み ~最近の兆し~
パナソニック株式会社 先端研究本部水素燃料電池研究課 課長 菅原 靖
4.固体酸化物エネルギー変換先端技術コンソーシアム (ASEC) セッション (40分)
16:50-17:00 (講演)
研究ラボ(ALSEC)及びコンソーシアム(ASEC)での材料研究と活動紹介
産総研 省エネルギー研究部門 総括研究主幹 堀田 照久
17:00-17:30 (特別講演)
可逆動作型固体酸化物形燃料電池の開発とエネルギー貯蔵
九州大学工学研究院 応用化学部門 教授 石原 達己
17:30-17:35閉会挨拶 産総研 創エネルギー研究部門長
児玉 昌也


ポスターセッション 発表題目 (15:25~16:20)

省エネルギー研究部門

  • 誘電体バリア放電を用いた内燃機関の燃焼支援技術
  • 超電導の強磁界を利用した高効率アルミ溶解技術の開発
  • 高温水蒸気二酸化炭素電解によるメタン製造技術の研究
  • 太陽電池電極に向けたカーボンナノチューブ膜開発
  • 排ガス再循環によるSOFC高度熱利用
  • 熱電発電の実用化にむけた取り組み
  • アンモニア用ガスタービン燃焼器の研究開発
  • リチウムイオン電池の正極の熱分解挙動の解析
  • 金属ナノペーストを用いたRE系超電導線材の接続
  • 電気化学セルを活用した電力/燃料変換技術開発
  • ディーゼル酸化触媒の貴金属使用量低減技術
  • 固体酸化物エネルギー変換先端技術コンソーシアム(ASEC)の活動概要

創エネルギー研究部門

  • 鋳型法によるメソ孔性炭素を用いた高性能キャパシタ
  • 新しい触媒システムと技術開発シナリオ検討
  • 水素社会の実現を目指した水素材料評価技術の開発
  • 石炭ガス化ガス中不純物によるSOFC性能低下挙動に関する研究
  • 化学ループ燃焼を用いた次世代火力発電技術の開発
  • メタンハイドレートプロジェクトユニットの研究活動

問い合わせ先

エネルギー技術シンポジウム 2017 事務局
〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1
産業技術総合研究所つくば中央第5 省エネルギー研究部門 内
Fax : 029-861-4540
E-mail :

最終更新日 2017. 11. 23