研究部門長挨拶

佐藤洋部門長の写真
研究部門長 佐藤 洋さとう ひろし

人間情報インタラクション研究部門は、情報・人間工学領域の唯一の研究部門として、人間にまつわる情報源として機能すべく、人と人が集う社会の未来を知り、安全・安心とともに生きる喜びを分かち合えるワクワクする社会を、社会とともに共創していく研究開発を推進します。第4期中期計画までの人間情報インタラクションを加えた理由は、人と人、人と情報、情報と情報、そして人を支え情報を生み出す様々な技術、そして技術から生み出される様々なモノが相互に関わり合い変化していく、その変化そのものも研究対象にしたいという想いからです。もちろん変化を捉えるためにはインタラクションをする人や技術といった要素についても深く知らなければなりません。人を対象とする研究としては、人が外界から情報を受け取り、脳に情報を伝え、脳が判断し、身体が動作し、その結果を脳にフィードバックする、というこれまでの一連のループに、今後は外界からの情報の変化も同時にフィードバックされるときのループの変化を見ていくインタラクションへの洞察が加わることになります。さらに外界としての人によるサービス、環境、メディアを研究対象とすることにより、それらのインタラクションに対する効果を把握し、それらのデザインにつなげていきます。

Society 5.0で実現される様々な要素がつながりながら協調していく社会の中の要素間のインタラクションをより良くするための知識と技術を生み出し、高齢者・障害者を含めた多様な人々がワクワクし、活躍できる社会の実現に向けて我々は前進します。

研究部門紹介

人間生活工学・脳科学

この図は、人間生活工学・脳科学の研究場面を表す4枚の図で構成されています。1枚目は、人口気象室での睡眠実験の様子を表す写真です。2枚目は、ニューロリハビリテーション研究における脳機能解明、評価技術、介入技術の3つが循環して繰替えされることを表す図です。3枚目は、高齢者・障害者の感覚特性データベースの画面です。4枚目は、磁場強度3テスラのMRI(磁気共鳴画像)複合計測装置の写真です。

旧 人間情報研究部門時代より、持続可能な社会の中で健康かつ安全・安心で質の高い生活の実現を目指し、脳科学、心理学、生理学、生体医工学、人間工学、数理科学などの知識や知見を結集・融合することにより、人間や生活環境についての科学的理解を深め、それに基づいて、人間機能や生体特性と適合性の高い製品や生活環境を創出するための研究開発を行って来ました。

人間機能を計測し、その仕組みを知ることで、1) 人間が持つ認知機能などを評価・支援する技術、2) 心身適応力向上のための心身機能評価・支援技術、3) 生活自立支援のための身体機能回復技術、4) 高齢者・障害者にも対応した製品・環境の評価・設計支援のための技術を開発し、規格化(JIS/ISO)等を推進しています。そして、人間生活及び医療福祉機器関連産業等への技術橋渡しにも貢献します。

これまでに、内視鏡下鼻内手術トレーニング用モデル・システムを開発する(有)サージ・トレーナーや、3D触力覚技術を応用し世界初のデジタル体感技術を確立し展開する(株)ミライセンス等の産総研技術移転ベンチャーを創出してきました。また、セラピー用アザラシ型ロボットパロは世界の介護福祉施設への導入が進んでいます。

現在は、神経科学的な作用機序に基づくニューロリハビリテーション技術、脳と機械を結ぶブレイン・マシン・インターフェース(BMI)による意思伝達技術治療機器・医療情報ネットワークのIoT化実現に向けた基盤技術等の研究開発を推進しています。