現在位置> 組織 > 研究部門 > 人間情報インタラクション研究部門 > 脳数理研究グループ メニュースキップ

脳数理研究グループ (Mathematical Neuroscience Research Group)

はじめに

最近の深層ニューラルネットをはじめとする技術の発展により,人工知能が飛躍的に発展しました.しかし,人間の脳と同じような知能を獲得したとは言えません.
初期の深層ニューラルネットは脳の初期視覚野の知見に基づいて開発されました.そこで,脳・数理的な知見を基にした新しい人工知能を開発していきます.
本グループは人間情報インタラクション研究部門に所属しています.

グループの目標

脳・数理的な知見を基にした新しい人工知能を開発するために,機械学習・データマイニングなどによるデータ解析手法の開発や
深層ニューラルネットなどの神経回路モデルの構築をおこないます.また,これらのモデルや手法に対して,数理的解析により,性能限界や汎化性能を調べます.

グループの目標

研究テーマ

本グループでは、以下のテーマについて主に研究を実施しています.

  1. 脳・認知の数理モデル化
    ・脳機能のモデル化、圏論による認知機能のモデル化、深層ニューラルネットと脳との関連性
  2. コンピュータビジョンの基礎技術の開発と応用
    ・ベクトル量子化、パターン認識、トラッキング、深層ニューラルネット
  3. 機械学習技術の開発や数理解析、それらの応用
    ・高次元神経回路モデル、グラフィカルモデル、モンテカルロ法、スパースモデリング、情報幾何学、公正配慮型学習

見学訪問者・滞在研究者・学生等受け入れ

当研究グループでは,見学,短期・長期滞在,共同研究,(外部制度による)ポスドク,学生指導,企業に対する技術指導など,さまざまな形での滞在者を受け入れています.また,採用については正規職員あるいはグループ予算によるポスドクとしての採用があります.

いろいろな制度についての詳細は 産総研産学官連携部門 のページをご覧ください.

採用に関わる情報については 産総研 - 採用情報 のページをご参照ください.

どのような形にせよ xmatumo (AtMark) ni.aist.go.jp までご相談ください.

脳数理研究グループへのアクセス

産総研のつくば中央第二本館(2-1棟)までは,産総研全体の案内図つくば中央の案内図 を参照してください.

つくば中央第二の正面入り口を入ると受付がありますのでそこで受付を済まされて,受付の人から呼び出してください.

つくばエクスプレス

  1. つくばエクスプレスでつくば駅まで [時刻表]
  2. つくばエクスプレス つくば駅 より産総研連絡便バス もしくは 関東鉄道路線バス [案内・時刻表]
    • 関東鉄道バス つくばバスターミナルより 荒川沖駅行きで,並木二丁目下車

高速バス

  1. 東京駅八重州南口より高速バス [JRバス関東 路線・時刻表] [関東鉄道バス 路線・時刻表]
    • つくばセンター行き「並木二丁目」下車:
      • 所要時間は下り1時間で,ほぼ時間どおりに着きます.
      • 上りは通常1時間半ですが,渋滞により大幅に遅れること があります.

自動車

  1. 常磐高速 桜土浦インターから国道354をつくば方面に進む
  2. 大角豆交差点を右折し東大通りを直進
  3. 並木大橋をくぐった後最初の 交差点を左に入れば産総研入口
    • 正門守衛所にて受付を行ってください

ページの先頭へ