ここにheader.htmlが読み込まれる

共創場デザイン研究チーム
Co-Creative Platform Research Team
(日本語/English)

顔写真
役職・名前
専門・担当分野
メールアドレス (+@aist.go.jp)

研究チーム長
村井 昭彦

運動力学・認知インタラクションデザインによるパフォーマンスの拡張
(研究紹介 1
a.murai

主任研究員
江渡 浩一郎

メディアアート, 共創プラットフォーム, 共創型イノベーション, 共創場デザイン
(研究紹介 2
k-eto

主任研究員
河本 満

音環境理解に基づくインタラクション評価に関する研究
(研究紹介 3
m.kawamoto

主任研究員
鮎澤 光

人型ロボットの力学と制御, デジタルヒューマンシミュレーション
(研究紹介 1
k.ayusawa

主任研究員
三浦 貴大

人の感覚機能・身体機能のモデル化とそれに基づく支援技術
(研究紹介 4
miura-t

研究員
鷲野 壮平

スポーツ動作解析, トレーニングシステムの開発
(研究紹介 15
s.washino

産総研特別研究員
中野 信泰

nakano-nobuyasu

産総研特別研究員
宮脇 裕

yu.miyawaki

テクニカルスタッフ
青柳 恵美



アシスタント
竹田 真紀子




我々共創場デザイン研究チームは、ヒトの運動・感覚・認知・社会能力を拡張することで活き活きとした社会の実現を目指します。 ヒトは日々、様々な場面で、様々なものと、様々なモダリティ・粒度・頻度でインタラクションを行い、その結果がパフォーマンスとなります。 このインタラクションをデザインすることで、ヒトの能力の拡張が実現されます。 我々は、このインタラクションが生まれる場を広く共創場ととらえ、この共創場の醸成を実現するため、新たなモノ・コトを共創するインタラクション環境のデザイン、システム実装に関する研究を行います。

共創場デザイン研究チームの画像

インタラクションデザインによる人間拡張の実現
インタラクションデザインによる人間拡張の実現

1.運動力学・認知インタラクションデザインによるパフォーマンスの拡張

ヒトのインタラクションをデザインすることで運動・感覚能力を拡張することを目指し、①日常常時マルチモーダル計測,②モデル化・解析・シミュレーション、③運動力学・認知制御・リアルタイム介入の研究を進めます。 ①では機械学習による画像認識を用いた運動計測技術やフレキシブルセンサを用いたウェアラブルデバイスの開発、②ではバイオメカニクスによる筋骨格モデルの運動力学解析や深層学習を用いた筋骨格運動生成技術の開発、 そして③ではロボティクスによる環境の運動力学・認知制御によるリアルタイム介入に関する研究を進めます。そしてこれらをリアルタイムに回しヒトの状態を変容させることで、人間拡張を実現します。

村井鮎澤鷲野

ニコニコ学会β
ニコニコ学会β

2.共創場デザイン

多くのユーザーが集まって共同で創造的な作品を作ることができる場所、“共創プラットフォーム“環境の構築について研究しています。市民参加型の研究開発フレームワークの実践(ニコニコ学会ベータ)として、計9回の大規模なシンポジウムを開催し、累計65万以上の視聴者を集め、研究100連発などの次世代の科学技術コミュニケーション手法を創出し、野生の研究者を数多く発掘して市民と協働するプラットフォームを構築しました。 主な著書に『ニコニコ学会βのつくりかた』(フィルムアート)、『進化するアカデミア』(イースト・プレス)。2017年、科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(理解増進部門)受賞。

江渡

音環境理解に基づくインタラクション評価に関する研究
音環境理解に基づくインタラクション評価に関する研究

3.音環境理解に基づくインタラクション評価に関する研究

音環境計測から得られる環境音、例えば、親子間のインタラクションにおける発話、数名の会議などの会話など、を利用して、インタラクションの良し悪しが評価できるようなシステムの構築を目指しています。 本システムの特徴は、発話内容や会話内容の把握はせずに、発話や会話における音の特徴量のみを利用するところにあり、その特徴量を利用してインタラクションの時系列モデルを作成し、そのモデルを使って、インタラクションを評価するシステムを考えています。 個人情報などの問題に極力触れないシステムとなっています。

河本

4.人の感覚機能・身体機能のモデル化とそれに基づく支援技術

視覚障害・晴眼の方が質感体験を共有できるインクルーシブ質感提示法
視覚障害・晴眼の方が質感体験を共有できる
インクルーシブ質感提示法

様々な障害をお持ちの方やその支援者の社会活動を支援する情報技術の開発やその社会実装・導入指針の構築を行っています。 具体的には、視覚障害のある方の情報アクセシビリティ支援、ご高齢の方の社会活動支援、地域ボランティアの学習・連携支援の研究を実施しています。 これまで・現在の研究内容は次のURLを参照:https://researchmap.jp/_miu?lang=ja

三浦

5.個人差を解決する運動スキル獲得システムの開発

多層運動力学シミュレーション
個人差を解決する運動スキル獲得システムの開発

アスリートのみならず、運動が苦手な人の運動能力拡張を目指し、スポーツ工学的なアプローチより研究を進めております。 これまでは、デジタルヒューマン技術を用いた運動解析を基に、運動パフォーマンスの規定因子の解明に関する研究を進めてきました。 現在は、ヒトの運動の個人差に着目し、それを解決する運動スキル獲得システムの開発に関する研究を進めております。 運動スキルを特定個人に合わせて表現する運動生成技術をコアとした誰もが実現可能な目標運動を生成する仕組みづくりや、目標運動の獲得に向けた体づくりや身体の使い方、そしてモチベーションの維持向上など、“心・技・体”をサポートするトレーニングシステムの開発を進めております。

鷲野





原著論文
  • 蔵田武志, 一刈良介, 飯野なみ, 小林吉之, 江渡浩一郎, & 西村拓一. (2022).
    オンライン学術イベント対話プラットフォーム: HARCS, HCG シンポジウム,
    サービス学会国内大会を事例とした考察. サービソロジー論文誌, 6(2), 1-12.
  • Frizza, I., Ayusawa, K., Cherubini, A., Kaminaga, H., Fraisse, P., & Venture, G. (2022).
    HUMANOIDS'FEET: STATE OF THE ART & FUTURE DIRECTIONS.
  • Murai, A., Washino, S., & Mochimaru, M. (2021).
    DATSURYOKU: designing environment–body interaction for implicit muscle relief.
    Advanced Robotics, 1-11.
  • Washino, S., Murai, A., Mankyu, H., Ogita, F., Kanehisa, H., & Yoshitake, Y. (2021).
    Lower lung-volume level induces lower vertical center of mass position and alters swimming kinematics during front-crawl swimming.
    Journal of biomechanics, 121, 110428.
  • Murai, A. , Kanazawa, S., Ko Ayusawa, Washino, S., Yoshida, M., & Mochimaru, M. (2021).
    DATSURYOKU Sensor—A Capacitive-Sensor-Based Belt for Predicting Muscle Tension: Preliminary Results.
    Sensors, 21(19), 6669.
  • Chew, J. Y., Kawamoto, M., Okuma, T., Yoshida, E., & Kato, N. (2021).
    Adaptive attention-based human machine interface system for teleoperation of industrial vehicle.
    Scientific reports, 11(1), 1-14.
  • Chew, J. Y., Kawamoto, M., Okuma, T., Yoshida, E., & Kato, N. (2021).
    Multi-modal approach to evaluate adaptive visual stimuli of remote operation system using gaze behavior.
    International Journal of Industrial Ergonomics, 86, 103223.
  • Miura, T., Otsuka, Y., Idesawa, Y., Sakajiri, M., & Onishi, J. (2021).
    Awareness of Recurrent Education on Visually Impaired Workers: A Questionnaire Survey About Their Working Conditions and Lifelong Learning Courses.
    The Journal on Technology and Persons with Disabilities, vol. 9, pp: 85-109, 2021.
  • Suzuki, R., Kanehisa, H.,Washino, S., Watanabe, H., Shinohara, M., & Yoshitake, Y. (2021).
    Reconstruction of net force fluctuations from surface EMGs of multiple muscles in steady isometric plantarflexion.
    Experimental Brain Research, 239(2), 601-612.
  • Hisano, G., Hashizume, S., Kobayashi, Y., Murai, A., Kobayashi, T., Nakashima, M., & Hobara, H. (2020).
    Factors associated with a risk of prosthetic knee buckling during walking in unilateral transfemoral amputees.
    Gait & posture, 77, 69-74.
  • Haga, M., Hoshina, K., Koyama, H., Miyata, T., Ikegami, Y., Murai, A., & Nakamura, Y. (2020).
    Bicycle exercise training improves ambulation in patients with peripheral artery disease.
    Journal of vascular surgery, 71(3), 979-987.
  • Washino, S., Murai, A. , Mankyu, H., & Yoshitake, Y. (2020).
    Association between Changes in Swimming Velocity, Vertical Center of Mass Position, and Projected Frontal Area during Maximal 200-m Front Crawl.
    In Multidisciplinary Digital Publishing Institute Proceedings (Vol. 49, No. 1, p. 60).
  • 江渡浩一郎. (2020).
    ビブリオ・トーク-私のオススメ-: イノベーターズ 天才, ハッカー, ギークがおりなすデジタル革命史.
    情報処理, 61(12), 1188-1189.
  • Kawamoto, M., & Kanie, N. (2020).
    Engaging business: the UN sustainable development goals and climate change.
    In International development and the environment (pp. 47-54). Springer, Singapore.
  • Kawamoto, M. (2020).
    Global Environmental Treaty Regimes as Balancer Between Environmental Conservation and Economic Growth: Facilitating Effective Implementations of Global Environmental Treaty Regimes.
    In International Development and the Environment (pp. 81-89). Springer, Singapore.
  • Catalano, M. G., Frizza, I., Morandi, C., Grioli, G., Ayusawa, K., Ito, T., & Venture, G. (2020).
    HRP-4 walks on soft feet.
    IEEE Robotics and Automation Letters, 6(2), 470-477.
  • Masuya, K., & Ayusawa, K. (2020).
    A review of state estimation of humanoid robot targeting the center of mass, base kinematics, and external wrench.
    Advanced Robotics, 34(21-22), 1380-1389.
  • Ito, T., Ayusawa, K., Yoshida, E., & Kobayashi, H. (2020).
    Simultaneous Control Framework for Humanoid Tracking Human Movement with Interacting Wearable Assistive Device. IEEE Robotics and Automation Letters, 5(2), 3604-3611.
  • Yoshida, E., & Ayusawa, K. (2020).
    Towards Unified Framework for Trajectory Optimization Using General Differential Kinematics and Dynamics.
    In Robotics Research (pp. 217-232). Springer, Cham.
  • Yoshida, E., Ayusawa, K., Yoshiyasu, Y., Escande, A., & Kheddar, A. (2020).
    Toward a Human (oid) Motion Planner.
    In Robotics Research (pp. 233-247). Springer, Cham.
  • 鷲野壮平, 村井昭彦, 荻田太, 萬久博敏, & 吉武康栄. (2020).
    競泳中の泳者の肺気量推定法の開発.
    デサントスポーツ科学, 41, 217-225.
  • Nakano, N., Sakura, T., Ueda, K., Omura, L., Kimura, A., Iino, Y., ... & Yoshioka, S. (2020).
    Evaluation of 3D markerless motion capture accuracy using OpenPose with multiple video cameras.
    Frontiers in sports and active living, 2, 50.
  • Nakano, N., Inaba, Y., Fukashiro, S., & Yoshioka, S. (2020).
    Basketball players minimize the effect of motor noise by using near-minimum release speed in free-throw shooting.
    Human Movement Science, 70, 102583.
  • Nakano, N., Fukashiro, S., & Yoshioka, S. (2020).
    The effect of increased shooting distance on energy flow in basketball jump shot.
    Sports biomechanics, 19(3), 366-381.   
  • Miura, T., Matsuo, M., Yabu, K. I., Katagiri, A., Sakajiri, M., Onishi, J., ... & Ifukube, T. (2020).
    GAME: Game As a Measurement Environment: Scheme to Evaluate Interfaces and Game Contents Based on Test Theories.
    Proceedings of the ACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies, 4(4), Article No. 166, 1-30.
  • Namiki, Y., Hashizume, S., Murai, A., Kobayashi, Y., Takemura, H., & Hobara, H. (2019).
    Joint moments during sprinting in unilateral transfemoral amputees wearing running-specific prostheses.
    Biology open, 8(2), bio039206.
  • Kanoga, S., Nakanishi, M., Murai, A., Tada, M., & Kanemura, A. (2019).
    Robustness analysis of decoding SSVEPs in humans with head movements using a moving visual flicker.
    Journal of neural engineering, 17(1), 016009
  • 記号の説明, 込山悠介, 江渡浩一郎, & 菊川康彬. (2019).
    オープンサイエンスの動向と情報科学の役割.
  • 山田胡瓜, 福地健太郎, 大澤博隆, 宮本道人, 江渡浩一郎, 倉本到, ... & 櫻井翔. (2019).
    『AI の遺電子』 に学ぶ未来構想術: 3. 講評会: 山田胡瓜先生を囲んで.
    情報処理, 61(1), 71-77.
  • 江渡浩一郎. (2019).
    オープンサイエンスの動向と情報科学の役割: 5. シチズンサイエンスから共創型イノベーションへ-ニコニコ学会 β が示した一般市民による科学の可能性.
    情報処理, 60(5), 421-426.
  • 江渡浩一郎. (2019).
    フレッシュマンに向けたプログラミングのススメ.
    情報処理, 60(6).
  • Washino, S., Mayfield, D. L., Lichtwark, G. A., Mankyu, H., & Yoshitake, Y. (2019).
    Swimming performance is reduced by reflective markers intended for the analysis of swimming kinematics.
    Journal of biomechanics, 91, 109-113.
  • Washino, S., Mankyu, H., Kanehisa, H., Mayfield, D. L., Cresswell, A. G., & Yoshitake, Y. (2019).
    Effects of inspiratory muscle strength and inspiratory resistance on neck inspiratory muscle activation during controlled inspirations.
    Experimental Physiology, 104(4), 556-567.
  • Nakano, N., Inaba, Y., Fukashiro, S., & Yoshioka, S. (2019).
    Skilled strategies of release parameters for accurate free-throw shooting in the presence of motor noise.
    bioRxiv, 793513.
学会発表
  • Ren, H., Tanaka, T., & Murai, A. (2021, May).
    Modeling and Simulation of Running Expansion with Trunk and Pelvic Rotation Assist Suit.
    In 2021 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA) (pp. 1263-1268). IEEE.
  • Matsuo, M., Miura, T., Yabu, K. I., Katagiri, A., Sakajiri, M., Onishi, J., ... & Ifukube, T.
    Inclusive Action Game Presenting Real-time Multimodal Presentations for Sighted and Blind Persons.
    In Proceedings of the 2021 International Conference on Multimodal Interaction , pp. 62-70, Oct 2021.
  • Suzuki, H., Murai, A. , Ikegami, Y., Uchiyama, E., Yamamoto, K., Yamada, A., ... & Nakamura, Y. (2021, November).
    Muscle Activity Estimation at Drop Vertical Jump Landing Using Passive Muscle Mechanical Model.
    In 2021 43rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine & Biology Society (EMBC) (pp. 4722-4727). IEEE.
  • Kawamoto, M., & Sashima, A. (2021, November).
    Method for Analyzing Interactions in Pedagogical Environments using Environmental Sound Analysis.
    In 2021 Second International Conference on Intelligent Data Science Technologies and Applications (IDSTA) (pp. 54-59). IEEE.
  • Shimizu, S., Ayusawa, K., & Venture, G. (2021, July).
    Pseudo Direct and Inverse Optimal Control based on Motion Synthesis using FPCA.
    In 2020 IEEE-RAS 20th International Conference on Humanoid Robots (Humanoids) (pp. 291-298). IEEE.
  • Ren, H., Tanaka, T., Hashimoto, K., & Murai, A. (2020, September).
    Analysis of Running Expansion with Trunk and Pelvic Rotation Assist Suit by Using SLIP Model.
    In Symposium on Robot Design, Dynamics and Control (pp. 458-466). Springer, Cham.
  • NAKAGAWA, C., NISHIMORI, K., & Murai, A.(2020).
    Measurement of dynamic motion of a standing human on a PMV during braking. In The Proceedings of the International Conference on Motion and Vibration Control 2020.15 (p. 10107).
    The Japan Society of Mechanical Engineers.
  • Kawamoto, M., & Hamamoto, T. (2020, May).
    Building Health Monitoring Using Computational Auditory Scene Analysis.
    In 2020 16th International Conference on Distributed Computing in Sensor Systems (DCOSS) (pp. 144-146). IEEE.
  • Samy, V., Ayusawa, K., Yoshiyasu, Y., Sagawa, R., & Yoshida, E. (2020, January).
    Fusion of multiple motion capture systems for musculoskeletal analysis.
    In 2020 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII) (pp. 295-299). IEEE.
  • Oota, S., Murai, A., & Mochimaru, M. (2019, March).
    Lucid Virtual/Augmented Reality (LVAR) Integrated with an Endoskeletal Robot Suit: StillSuit: A new framework for cognitive and physical interventions to support the ageing society.
    In 2019 IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces (VR) (pp. 1556-1559). IEEE
  • Hongyuan Ren, Takayuki Tanaka, Kotaro Hashimoto and Akihiko Murai
    "Analysis of Running Expansion with Trunk and Pelvic Rotation Assist Suit by Using SLIP Model"
    In Symposium on Robot Design, Dynamics and Control, pp.458-466, Springer, Cham. , Sep 2020.
  • Sohei Washino, Akihiko Murai, Hirotoshi Mankyu and Yasuhide Yoshitake
    "Association between Changes in Swimming Velocity, Vertical Center of Mass Position, and Projected Frontal Area during Maximal 200-m Front Crawl"
    Multidisciplinary Digital Publishing Institute Proceedings, vol.49, no.1, p.60, 15 Jun 2020.
  • Chew, J. Y., Okayama, K., Okuma, T., Kawamoto, M., Onda, H., & Kato, N. (2019, November).
    Development of a virtual environment to realize human-machine interaction of forklift operation.
    In 2019 7th International Conference on Robot Intelligence Technology and Applications (RiTA) (pp. 112-118). IEEE.
  • Sashima, A., & Kawamoto, M. (2019, September).
    Towards Sensing and Sharing Auditory Context Information Using Wearable Device.
    In Joint European Conference on Machine Learning and Knowledge Discovery in Databases (pp. 54-59). Springer, Cham.
  • 嶋根裕太, 竹村裕, 金子秀和, 鮎澤光, 持丸正明, 横田秀夫, & 太田聡史. (2019).
    運動解析に向けたげっ歯類の解剖学的ランドマークに基づく多自由度全身骨格モデルの開発.
    In ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 2019 (pp. 2A1-H04). 一般社団法人 日本機械学会.
  • Samy, V., Ayusawa, K., & Yoshida, E. (2019, January).
    Real-time musculoskeletal visualization of muscle tension and joint reaction forces.
    In 2019 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII) (pp. 396-400). IEEE.
  • Ayusawa, K., Suleiman, W., & Yoshida, E. (2019, November).
    Predictive Inverse Kinematics: optimizing Future Trajectory through Implicit Time Integration and Future Jacobian Estimation.
    In 2019 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS) (pp. 566-573). IEEE.
  • Ito, T., Ayusawa, K., Yoshida, E., & Kheddar, A. (2019, October).
    Experimental study for controller-friendly contact estimation for humanoid robot.
    In 2019 IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts (ARSO) (pp. 28-33). IEEE.
  • Yoshida, E., & Ayusawa, K.(2019, November).
    Towards Unified Framework for Trajectory Optimization Using General Differential.
    In Robotics Research: The 18th International Symposium ISRR (Vol. 10, p. 217). Springer Nature.
  • Samy, V., Ayusawa, K., Yoshiyasu, Y., Sagawa, R., & Yoshida, E. (2019, October).
    Musculoskeletal Estimation Using Inertial Measurement Units and Single Video Image.
    In 2019 IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts (ARSO) (pp. 39-44). IEEE.
  • Miura, T., Mari Ueda, Masaaki Hiroe, Ken-ichiro Yabu
    Acousess: Smartphone-based Logger to Assess Acoustical Conditions -Subjective noise conditions on some circumference and intraindividual variation-, Proc. ACM/SIGAPP SAC ’19, pp: 1190-1199, 2019.4.
  • 鷲野壮平, 村井昭彦, 荻田太, 矢内利政, 萬久博敏, & 吉武康栄. (2019).
    水泳中の肺気量の違いが身体重心高, 体幹の迎え角, 前方投影面積に及ぼす影響.
    In ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 2019 (pp. 1P1-Q02). 一般社団法人 日本機械学会.
受賞
       
  • 2020.12 [特集テーマセッション賞 (視覚障害者支援と人間拡張)]: 松尾政輝, 三浦貴大, 一刈良介, 加藤狩夢, 蔵田武志
    “聴覚・触覚提示をカスタマイズ可能なモバイル端末用マップビューア『オタスケマップ』~ デモ展示における視覚障害当事者による評価と機能改善~“, HCGシンポジウム2020.
  • 2020.3 [ヤマハ賞]: 松尾 政輝, 三浦貴大, 藪 謙一郎, 片桐 淳, 坂尻 正次, 大西 淳児, 蔵田 武志, 伊福部 達
    “リアルタイム多感覚提示を行うインクルーシブアクションゲーム: 触覚提示付きゲームコントローラ(TactCon) を導入したゲームの開発と利用時の評価“, 情報処理学会アクセシビリティ研究会, Vol.2019-AAC-10, No.15, pp.1-7, 2019.
▲Top