ASIST 産総研 東北サテライト

東北再生可能エネルギー研究会の設立趣旨と入会のおすすめ

 温室効果ガスの排出量削減の動きが加速し、電力の半分以上を再生可能エネルギーと原子力で供給する目標が示されていましたが、平成23年3月11日に発生した東日本大震災により福島第1原子力発電所において大規模な放射能漏れ事故が起こり、にわかに脱原発、再生可能エネルギー推進の機運が高まってきました。

再生可能エネルギーとは、
 1.自然界で起こっている現象から取り出すことができ、一度利用しても再生可能な、枯渇することのないエネルギー資源。
 2.利用する以上の速度で自然に再生するため、将来も持続的な利用が可能なエネルギー源。
 3.自然環境の中で何度でも繰り返し起きている現象から取り出すエネルギーの総称。
とされており、太陽光、風力、波力、水力、地熱、バイオマスなどのエネルギーがこれらに該当します。

 風力や太陽光など大規模利用が期待される再生可能エネルギーもありますが、地域に還元できる資源としては、今後、小規模で地域分散型の再生可能エネルギーの利活用が非常に重要になってくると予想されます。
しかし、これらのエネルギーは、地域により、適否があり、また、費用対効果の面から、活用する場合には事前調査や事前研究が必須となります。
そこで、産総研並びに地域の公設試が積極的に地域分散型エネルギーの開発や利用に取り組み、最終的に地方で自立した再生可能エネルギー安定的に利活用することを目的に、東北再生可能エネルギー研究会を設立致しました。

 本研究会では、講演会や意見交換会を通して、企業の皆様と産総研並びに東北の公設試と共通する課題を抽出し、共同研究などを通して、東北地域での再生可能エネルギーの利活用と地域の活性化を図りたいと考えております。
再生可能エネルギーの利用や開発に関心のある企業の方々の積極的な参加をお待ち致しております。

平成25年度 東北再生可能エネルギー研究会 役員
会  長
秋田県産業技術センター 所長齋藤 昭則
副会長
秋田県産業技術センター 副所長鎌田 悟
顧  問
(独)産業技術総合研究所 東北センター 所 長三石 安
幹  事(各県の担当)
北海道立総合研究機構 工業試験場 環境エネルギー部上出 光志
青森県産業技術センター 工業総合研究所 新エネルギー技術部岡山 透
岩手県工業技術センター 環境技術部阿部 貴志
宮城県産業技術総合センター 材料開発・分析技術部今野 奈穂
山形県工業技術センター 電子情報技術部金内 秀志
福島県ハイテクプラザ 技術開発部 工業材料科中山 誠一
秋田県産業技術センター 素形材プロセス開発部
遠田 幸生
事務局
秋田県産業技術センター 技術イノベーション部松倉 和浩
秋田県産業技術センター 素形材プロセス開発部遠田 幸生
(独)産業技術総合研究所 東北サテライト橋本  等
(独)産業技術総合研究所 東北サテライト大栁和佳子
(独)産 業技術総合研究所 東北センター大友理恵子