本文へ

ISO/TC 229(ナノテクノロジー)国内審議団体

産総研にISO/TC229(ナノテクノロジー)の国内審議団体を設置し、我が国が比較優位にあるナノテクノロジー先端技術開発分野において、産業の健全な発展を即す国際標準化を推進しています。

Simon Holland賞およびISO Certificate of Appreciationの受賞について

本年11月に開催されたTC229(ナノテクノロジー)総会において、ISO TC229国内審議委員会副委員長である藤本俊幸 産総研研究戦略企画部次長のSimon Holland賞の受賞発表されました。

日本人としては昨年度の田中充 産総研名誉リサーチャーに続き2人目の受賞となります。詳細を確認する

昨年度の(田中充 産総研名誉李サーチャ)受賞についてはこちら

ガスバリアフィルム用粘土に関する国際標準(技術仕様書)が発行されました(ISO/TS 21236-2)

本国際標準(技術仕様書)により、粘土製品のうち、フィルムのガスバリア性の向上に有効なクレイナノプレートの選択が容易になり、国内の優れた粘土のガスバリアフィルムへの利用の促進が期待されるほか、幅広い用途を持つ包装フィルム製品の国際競争力向上につながることが期待されます。詳細を確認する

ナノテクニューズレター

国内審議委員会事務局では、「ナノテク国際標準化ニューズレター」を発行し、ナノテクノロジーの国際標準化活動をお伝えしています。

第24号
2022年3月
2021特別号
2021年9月
第23号
2021年3月
2020特別号
2020年9月
第22号
2020年1月
2019特別号
2019年9月
第21号
2019年3月
第20号
2018年3月
第19号
2017年2月
第18号
2016年2月
第17号
2015年2月
第16号
2014年2月
第15号
2013年7月
第14号
2012年9月
第13号
2012年2月
第12号
2011年7月
第11号
2011年2月
第10号
2010年8月
第9号
2010年1月
第8号
2009年9月
第7号
2009年3月
第6号
2008年8月
第5号
2008年3月
第4号
2007年10月
第3号
2007年2月
第2号
2006年11月
創刊号
2006年2月

ナノテクノロジー国際標準化ワークショップ

ナノテクノロジー国際標準化ワークショップ2022

~産業界における健康・安全・環境に関わるナノテク国際標準の利用と期待~

詳細はこちら

過去の開催

ISO/TC229(ナノテクノロジー)国内審議委員会事務局

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1-1-1 つくば本部・情報技術共同研究棟8階
Eメール:hyoujun-nanotech-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 イノベーション推進本部 標準化推進センター

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1-1-1 つくば本部・情報技術共同研究棟8階
標準化推進センター
電話:029-862-6234 FAX:029-862-6222
Eメール:M-SPCenter-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)

▲ ページトップへ