本文へスキップ

産総研コンソーシアム 
maloc 低炭素化材料評価システム技術コンソーシアム

〜 materials evaluation system technology consortium for low-carbon living space 〜

1)目的と概要

 本コンソーシアムでは、社会活動によって排出される二酸化炭素量の削減に貢献するため、建築物や移動体など人周辺の環境を制御する必要がある分野への新しい機能性材料の普及を目指します。

 この目的を達成するため、本コンソーシアムは、社会の低炭素化を目的とした材料開発を行っている関係機関が主体となって運営し、建築物や移動体など人が過ごす空間の環境を構築するうえでの材料の役割や用いられ方についての情報収集、開発途上あるいは試作段階にある各種材料の適用を促進するための用いられ方や評価方法などの意見交換を行います。  

2)活動

 本コンソーシアムでは以下の活動を行います。
 (1)建築物や移動体などの動向に関する情報収集については、各種専門家を交えたセミナーやシンポジウムなどを開催します。
 (2)新材料の適用に関する意見交換については、材料の使い方や効果について、ユーザー側と材料側が一緒に議論する場を提供し、適用方法、効果など、さらには客観的に材料の適用効果を確認できる評価方法についてディスカッションを行います。対象とする材料としては、すでに用いられている材料以外にも、むしろ開発段階にあって利用されるためにはまだいくつかのハードルを越えねばならない材料を想定しています。評価方法についての意見交換では、ユーザー側と材料側が同様に理解できる評価の仕方を目指した議論を行います。

3)体制

 会長の下、会員として特別会員、法人会員、公的機関個人会員、個人会員をおき、別途アドバイザを定めます。ただし、特別会員と法人会員は材料関係企業あるいは団体で、アドバイザとしては建築や移動体に関する専門家を想定しています。

[お問合せ先] 産総研コンソーシアム maloc事務局  

〒463-8560 名古屋市守山区下志段味穴ヶ洞2266-98
国立研究開発法人産業技術総合研究所 中部センター
構造材料研究部門内
TEL.052-736-7608 FAX.052-736-7406
E-mail.maloc-ml@aist.go.jp



会員一覧


※2015年11月より「建築物低炭素化材料評価システム技術コンソーシアム」は
「低炭素化材料評価システム技術コンソーシアム」に名称が変わりました。
 
 

information
お知ら

  • 2018年10月10「イベント・セミナー」を更新
  • 2018年7月27日「イベント・セミナー」を更新
  • 2018年5月17日「イベント・セミナー」「会員一覧」を更新
  • 2018年2月21日「イベント・セミナー」を更新
  • 2017年10月16日「イベント・セミナー」を更新
  • 2017年8月28日「イベント・セミナー」を更新
  • 2017年8月3日「イベント・セミナー」を更新
  • 2017年6月29日「イベント・セミナー」を更新
  • 2017年5月12日「イベント・セミナー」を更新
  • 2017年3月13日「イベント・セミナー」を更新
  • 2017年1月23日「イベント・セミナー」を更新
  • 2016年12月28日「イベント・セミナー」を更新
  • 2016年12月13日「イベント・セミナー」を更新
  • 2016年10月25日「イベント・セミナー」を更新
  • 2016年10月14日「イベント・セミナー」を更新
  • 2016年9月1日「イベント・セミナー」を更新
  • 2016年8月18日「イベント・セミナー」を更新
  • 2016年7月 8日「イベント・セミナー」を更新
  • 2016年6月22日「イベント・セミナー」を更新
  • 2016年5月16日 「イベント・セミナー」を更新

過去のイベント 
 2017年度(平成29)開催
 2016年度(平成28)開催
 2015年度(平成27)開催
 2014年度(平成26)開催
 2013年度(平成25)開催


過去の主なトピックス
 2013年8月21日 ホームページ開設
 2013年6月17日 産総研コンソーシアムmaloc設立
 2015年4月1日  設置場所変更(旧設置場所「サステナブルマテリアル研究部門内」)
 2015年11月2日  コンソーシアム名称変更(旧名称「建築物低炭素化材料評価システム技術コンソーシアム」