構造材料研究部門

現在位置組織 > 構造材料研究部門  > 研究グループ紹介 > 軽量部材鋳造技術グループ

軽量部材鋳造技術グループ

グループの研究内容

鋳造産業の国内回帰に向け、人や資源の持続性を確保する未来志向の溶解・鋳造技術として、凍結鋳型を用いた砂型鋳造技術やセミソリッド成形技術などの開発を進めています。

銅合金に対して実用化に成功した凍結鋳型については、輸送機器の軽量化に資するアルミニウム合金への展開を図るべく、中子を用いた複雑形状中空部材に対する鋳造技術を開発しています。

一方、セミソリッド成形については、自動車用耐圧部品への適用を視野に、ダイキャスト品を超える品質確保に向けた技術開発を行っています。

図2
セミソリッド成形におけるゲート形状の最適化により流動性を改善
図1
凍結鋳型により鋳造したアルミニウム合金パイプ

チームの構成メンバー

所属・役職 名    前
グループ長 尾村 直紀 (Naoki OMURA)
主任研究員 宮島 達也 (Tatsuya MIYAJIMA)
主任研究員 楠森 毅 (Takeshi KUSUMORI)
主任研究員 村上 雄一朗 (Yuichiro MURAKAMI)
研究員 松井 功 (Isao MATSUI)