国立研究開発法人産業技術総合研究所のHPへ
産総研:安全管理部:ライフサイエンス
現在位置> 組織 > 安全管理部 > ライフサイエンス メニュースキップ
安全管理部


ライフサイエンス

研究所に「ライフサイエンス実験に関する倫理及び安全管理規程」を定め、倫理面及び安全面から適切に実験を計画し、実施するように努めています。

★人を対象とする医学系研究に関する倫理指針に基づく情報公開★

産総研が共同研究先とともに実施する医学系研究に関する公開情報はこちらから御覧いただけます。

ヒト由来試料を用いる基礎的な実験(ヒト由来試料実験

  • ヒトゲノム・遺伝子解析
  • 動物性集合胚(特定胚)の作成、譲受け、取扱い
  • ヒトES細胞の使用
  • その他、ヒト由来試料の採取及びそれを用いた実験や解析など

医師と共同で行う「臨床研究」の一翼を担う実験(医工学応用実験

  • 実際に医療で使われることを想定して研究所で行われる実験
  • 研究所で開発した医用デバイス(材料や装置)を医療機関等で実験的に使用する実験など

人間機能を対象とした実験(人間工学実験

  • 人間工学実験のための呼気、涙液、唾液、汗、尿の採取並びにそれらの計測
  • 心理実験、行動実験、MRI等を用いた非侵襲脳機能計測実験、身体機能計測など
  • アンケート調査や情報通信分野等におけるモニター調査など
原生動物、真菌、細菌、ウィルス、寄生虫などを用いる実験(微生物実験

遺伝子組換え生物等を用いる実験(組換えDNA実験

爬虫類以上の動物を用いる実験(動物実験

 
 
              
本webページに関するお問合せは、安全管理部:safe-life-ml*aist.go.jp まで(*は@に変更して使用してください)
  ご利用条件  |  個人情報保護 ©産総研