産総研四国センター

徳島県立工業技術センター

分野 機械
機器名 SLA式三次元プリンタ
型式と製造所名 Form2 Formlabs
装置の概要 積層ピッチが小さく,FDM方式の3Dプリンタに比べ,より滑らかな曲面や精巧な形状のものを造形できる.
アクリル系レジンを使用.
光造形 (SLA・ステレオリソグラフィ)方式3Dプリンタ.
仕様・構成 積層ピッチ: 25, 50, 100 μm
最大造形サイズ: W145×D145×H175 mm
レーザー焦点サイズ: 140 μm
レーザー波長: 405nm
レーザー出力: 250mW
対応ファイル形式: .stl または.obj
スタンダード樹脂: クリア, ホワイト, ブラック, グレー
Flexible(フレキシブル): ゴム様の仕上がり。※要キュアリング
Tough(タフ): ABSを模した材料。耐久性に優れる。※要キュアリング
High Temp(ハイテンプ): HDT(熱変形温度)加重条件0.45 MPaで289 °C
Durable(デュラブル): PPを模した材料。衝撃に強く摩耗が少ない
Castable(キャスタブル): キャスト用レジン。※要キュアリング
※キュアリング: 造形後に紫外線を当てることで,造形物の強度を安定させる作業.
設置年度 2016年
担当窓口 機械技術担当
料金 開放 1時間  
料金 270 円
備考 利用時はレジン持ち込み + 使用料金
全体写真 全体写真



   個人情報保護について                              Copyright c National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)
                                                                  (Japan Corporate Number 7010005005425). All rights reserved.