産総研四国センター

徳島県立工業技術センター

分野 電気・電子
機器名 超音波ハイドロホン
型式と製造所名 HGL-200(or HNP-400)+AH-2010,TC4038 イーステック ONDA
装置の概要 ・メンブレンタイプとニールドタイプの長所を兼備えた形状
・低反射・低並列容量
・自動超音波音響強度測定装置(AIMS)と連携して使用可能
仕様・構成 周波数帯域:250kHz〜20MHz(HGL200),50kHz〜800kHz(TC4038)
素子径:φ0.2mm(HGL200)
感度:45nV/Pa(HGL200),1V/μPa(TC4038)
増幅ゲイン:20dB,±3dB typ(AH2010)
指向性:100°(-6dB at 5MHz:HGL200),60°〜120°(±3dB at 100kHz:TC4038)
容量:30pF(HGL200)
最大使用温度:50℃(HGL200),40℃(TC4038)
出力インピーダンス:50Ω(HGL200)
設置年度 2010年
担当窓口 電子・情報技術担当
料金
備考
全体写真 全体写真



   個人情報保護について                              Copyright c National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)
                                                                  (Japan Corporate Number 7010005005425). All rights reserved.