産総研四国センター

徳島県立工業技術センター

分野 機械
機器名 炭酸ガスレーザ加工装置
型式と製造所名 ML403-10C 三菱電機(株)
装置の概要 当装置の発振器の発振励起方式は三軸直交形のため,矩形ハイピークパルクが得られ,切断加工における熱影響が極めて少なく,微細加工・高精度加工に最適です.
また,簡易な操作でシングルモードと低次マルチモードの切換えが可能であり,切断・溶接・熱処理等多目的な加工が行えます.
仕様・構成 定格出力  : 1KW
設定周波数 : 10〜3000Hz
設定デューティ : 0〜99%
加工エストローク(X−Y): 350×250mm
加工ヘッド上下ストローク : 150mm
対象ワーク寸法: 440×400mm
加工送り速度 : 5m/min(MAX)
設置年度 1987年
担当窓口 材料技術担当
料金 開放 1時間
料金 3990 円
備考
全体写真 全体写真



   個人情報保護について                              Copyright c National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)
                                                                  (Japan Corporate Number 7010005005425). All rights reserved.