産総研四国センター

徳島県立工業技術センター

分野 計測・分析
機器名 対策室
型式と製造所名
装置の概要 対策室は,床面にも電波吸収体が貼られているため,床面の電波の反射がありません.そのためアンテナを上下させる必要がなく,電子機器からの直接波のみを検出することができ,対策の効果を容易に把握することができます.

●関連設備 : 電波暗室(別途掲載)
仕様・構成 ●対策室仕様
 全面フェライトタイル吸収体使用
 (1)サイズ : 有効内寸 7m(L)×4m(W)×3m(H)
 (2)サイトアッテネーション特性(床面に金属の金網を設置した時):
 (1)30MHz〜1GHzの周波数で,周波数掃引法により測定した
値が,FCCに登録されている3m法のオープンサイトと比
較して,その偏差が±4dB以内

●シールド性能
 (1)電磁界遮断率 : 10kHz〜1MHz 90dB以上
,10MHz〜1GHz 100dB以上

 (2)ラインフィルタ特性 : 50Hz,60Hz
,遮断率   14kHz〜1GHz 100dB
設置年度 1991年
担当窓口 電子・情報技術担当
料金 開放 1時間
料金 1280 円
備考
全体写真 全体写真



   個人情報保護について                              Copyright c National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)
                                                                  (Japan Corporate Number 7010005005425). All rights reserved.