産総研四国センター

徳島県立工業技術センター

分野 材料
機器名 放電プラズマ焼結装置
型式と製造所名 SPS1050 住友石炭鉱業(株)
装置の概要 型内で圧縮した粉末に特殊DCパルス焼結電源より通電することにより,型および粉末が急速加熱されます.従来の型焼結法であるホットプレス法と比較して短時間焼結であるため結晶粒成長の抑制やアモルファス材料のバルク化が可能です.
また型温度を傾斜させることにより傾斜機能材料(FGM)の創製ができ,異種材料の焼結接合,超硬合金・複合材料の試作・研究開発等に効果的です.
温度および加圧力は自動制御であり電流,電圧,真空度および変位などのプロセスパラメータのデジタル出力装置も備えていることから,信頼性が高く品質が一定した製造が行えます.
仕様・構成 成形加圧範囲:3〜75kN
真空度   :6Pa
最高使用温度:1700℃
最大出力  :5000A
最大焼結寸法:φ100mm×100mm程度
使用可能型 :黒鉛,ダイス鋼,超硬合金など通電が可能なもの
設置年度 2002年
担当窓口 機械技術担当
料金 開放 1時間
料金 6260 円
備考 日本自転車振興会補助事業
全体写真 全体写真



   個人情報保護について                              Copyright c National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)
                                                                  (Japan Corporate Number 7010005005425). All rights reserved.