産総研四国センター

徳島県立工業技術センター

分野 計測・分析
機器名 ICP発光分光分析装置
型式と製造所名 iCAP6300 サーモフィッシャーサイエンティフィック(株)
装置の概要 (1)約70元素の定性,定量分析が可能です.
(2)検出器がCIDであるため多波長の同時測定が可能です.
(3)分析精度が良い.(内標準測定が可能です)
(4)軸方向測光と半径方向測光の両方向からの測定が出来るため、低濃度から高マトリックス試料まで幅広い試料に対応可能です。
(5)検量線の直線範囲が広い.(4〜6桁)
(6)励起温度が高いため元素間の妨害が殆どないので混合試料の分析が可能です.
仕様・構成 (1)分光器
    エシェル型
    焦点距離    :383o
    エシェル回折格子:52.91本/o
    プリズム    :9.5°
    検出器     :CID86
             パージ式
(2)波長範囲 
    166nm〜847nm
(3)高周波プラズマ発生部
  PFジェネレータ : 周波数27.12MHz
       出 力 : 750〜1500W
(4)その他
 送液ポンプ :3チャンネル、12ローラー、0〜125rpm
 プラズマガス:12L/分
 補助ガス  :0、0.5、1.0、1.5/分
 ネブライザーガス:0〜1.5L/分マスフロー制御
設置年度 2008年
担当窓口 材料技術担当
料金 開放 1時間
料金 3400 円
備考 (財)JKA補助
全体写真 全体写真



   個人情報保護について                              Copyright c National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)
                                                                  (Japan Corporate Number 7010005005425). All rights reserved.