産総研四国センター

高知県工業技術センター

分野 計測・分析
機器名 微量香気成分定量装置
型式と製造所名 7890A(GC)   5975C(MSD)
装置の概要 数ppt程度の微量でも清酒の商品価値を著しく損なわせる「カビ臭」の検出、柚子などの柑橘類に由来するアロマテラピー効果を持つ機能性成分の探索、県産農水産物が持つ揮発性機能性成分の探索、あるいは商品のクレーム対象となる異臭成分の特定などに使用できる。
また、GERSTEL社製の匂い嗅ぎ装置を備えており、通常の分析と平行して装置で分離した成分の官能評価を行うことが可能。
仕様・構成
設置年度 平成 21 年
担当窓口 食品開発課
料金 開放 1時間
料金 2930 円
備考
全体写真 全体写真



   個人情報保護について                              Copyright c National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)
                                                                  (Japan Corporate Number 7010005005425). All rights reserved.