産総研四国センター

高知県工業技術センター

分野 機械 、 計測・分析
機器名 赤外線炭素硫黄同時分析装置
型式と製造所名 LECO社  CS-444LS
装置の概要
仕様・構成 分析範囲      炭素:Lowモード0〜0.5%、Highモード0〜6%
                     硫黄:トラップ0〜0.1%、バイパス0〜0.35%
分析精度      C≦0.1%時CV=1%以下、C≧0.1%時CV=0.75%以下
                     S≦0.1%時CV=2%以下、S≧0.1%時CV=1%以下
分析感度   0.1ppm(炭素、硫黄)
最小読み取り 0.01ppm(炭素、硫黄)
分析時間  通常40秒
試料重量  1g
重量補正範囲 0.0010g〜9.9999g 
使用ガス キャリア   :酸素
     ニューマチック:窒素
     硫黄トラップ :ヘリウム
高周波炉 18MHz、2.2KW
付加機能 オートクリーニング機構、バキュームクリーナ、
     硫黄トラップ、るつぼ空焼き機構
設置年度 平成 13 年
担当窓口 生産技術課
料金 開放 1時間
料金 2060 円
備考
全体写真 全体写真



   個人情報保護について                              Copyright c National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)
                                                                  (Japan Corporate Number 7010005005425). All rights reserved.