量子光計測研究グループ

概 要

量子光計測研究グループでは、「世界最高レベルの検出効率を持つ光子検出器」と「光子数や量子揺らぎなどの量子状態を制御した光」による究極的な計測・量子制御技術に関する研究を行っています。

超伝導現象を用いた単一光子検出器や光子数識別器、超伝導検出器の信号多重化デバイス、導波路デバイスによる高純度なスクイーズド光源や相関光子源を開発し、光子1個を観測できる光子顕微鏡や、冷却原子の量子状態を高精度に計測できる量子イメージング技術の実現を目指しています。また、ホタルなどの生物発光反応の分子機構解明研究やそれを応用したイメージング技術にも取り組んでいます。

これらの超伝導光子計測技術、量子イメージング技術、発光イメージング技術の成果を、社会や産業へ使いやすい技術として橋渡しすることを目指しています。