ごあいさつ

運営委員長

COMS-NANO運営委員長

産業技術総合研究所 藤本俊幸

「ナノ材料の産業利用を支える計測ソリューション開発コンソーシアム」 (Consortium for Measurement Solutions for Industrial Use of Nanomaterials (COMS-NANO))は、 株式会社島津製作所、日本電子株式会社、株式会社リガク、株式会社堀場製作所、 株式会社日立ハイテクノロジーズ、および産業技術総合研究所が 2013年6月1日に設立したコンソーシアムです。 最初のターゲットとして、 ナノ材料の粒径を始めとする特性の評価手法・装置の開発を目指し 共同研究を進めています。

材料・素材産業はものづくり日本の中核を担うものであり、 ナノテクノロジーの進展に伴い、ナノ材料は極めて重要なものとなってきています。 ナノ材料の開発、活用には、材料の持つ特性を把握、評価することが不可欠であり、 そのための評価手法・装置の開発は、材料自体の開発とあわせて、 日本の産業の要となるものです。 このような状況のもと、ものづくり現場でのユーザーニーズに対応した、 ナノ材料の計測・評価技術をオールジャパンの体制で研究、開発すべく 本コーソシアムが組織されました。

一方、ナノ材料は その新規性、革新性の故に人々に漫然とした不安を生じさせており、 ナノテクノロジーの社会受容性向上への配慮が必要となってきています。 このため、ISO, IEC, OECD等の国際機関において、 ナノテクノロジーの試験規格の制定や標準化作業が続けられています。 更に 「危険性の分からないものは接触しなければ良い」といった予防原則を根底として、 ナノ材料の利用を規制する動きも欧州を中心に起こっています。 2011年10月、 欧州委員会(European Commission; EC)は規制に用いるナノ材料の公式定義を公布し、 フランスでは2013年より当該定義に従ったナノ材料の輸出入時等の届け出義務が 法令化されました。

本コンソーシアムでは 最初のターゲットとして第1期の3年間(2013ー2015年度)の間に、 上記の欧州の規制に対応した、ナノ材料のサイズと濃度分布の計測・評価手法と そのための計測装置の開発を進めてまいりました。 その成果として、分級システムを中核としたナノ材料複合計測システムの 開発に成功しました。

2016年度からの第2期においては、 ナノ材料メーカーをはじめとする産業界からの参加も得て、 複合計測システムの高度化を行いつつ、 ものづくり産業からの要望に基づく計測ソリューションを提供できる技術、 システムの開発に取り組んでおります。 さらに研究成果を活用したISO標準等の策定にも積極的に取り組んでおり、 開発したシステムの社会受容性向上も図っております。

このコンソーシアムが、 ナノ材料のユーザー、装置メーカーなど、 関係のある方々の情報交換の場として機能するよう、 例えば会員制の集まりなどの仕組みも構築していきたいと思っています。 また、本サイトがその一助になればと願っています。

産業界の皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。