ようこそCOMS-NANOへ

ナノ材料の産業利用を支える計測ソリューション開発コンソーシアム (ナノ計測ソリューションコンソ; Consortium for Measurement Solutions for Industrial Use of Nanomaterials; COMS-NANO)は、 ナノテクノロジーの進展に極めて重要なナノ材料の評価手法・装置の開発を オールジャパン体制で進めるべく、 2013年6月1日に発足しました。

2019年3月現在、 島津製作所・日本電子・堀場製作所・日立ハイテクノロジーズの プリンシパルメンバー4社、 白石工業・テイカのアソーシエイトメンバー2社、 および産総研を含めた7法人メンバーで活動しています。

COMS-NANO組織図

国内産業力強化に向けて、現在計測機器メーカーはもとより、 ものづくり系企業など、産業界から広くメンバーの参加を募っています。 参加企業や機関から提供される技術、人材、知財、開発資金などリソースの 一元的な運営管理により、 ものづくり系企業のニーズに対応した計測ソリューションの提供、 さらに国際標準化ならびに認証に基づく付加価値づくりに取組む 「ソリューションプラットフォーム」の構築を目指しています。

これを基盤とし、 発足当初からの課題とされるナノ材料規制に対応したサイズ評価手法・装置の開発を 進めるとともに、 その成果を活用した国際標準(ISO)策定に取組んでまいります。

こうした活動を概観しますと

上記2点に絞られると申せましょう。

私どもの使命は、 メンバー各位が一致協力してこれを実現することにあると考えます。


新着情報

国際粉体工業展東京2019

Principal Members
産業技術総合研究所
島津製作所
日本電子
日立ハイテクノロジーズ
堀場製作所