分析計測標準研究部門

現在位置組織 > 分析計測標準研究部門  > 研究グループ紹介 > 音波振動標準研究グループ

音波振動標準研究グループグループのHP

 騒音が小さく安全で安心な環境確保のため、空中伝搬音の精密計測技術や基盤となる計量標準を開発供給しています。また、インフラ診断や衝撃試験における加速度センサの信頼性評価や安全性確保のため、微小振動精密計測技術や三軸加速度計測技術の開発を行っています。

グループの研究課題

図1 超低周波域マイクロホン感度校正装置

超低周波域におけるマイクロホン感度校正法の開発

 火山活動や津波等で生じる超低周波音観測の高信頼性および高精度化を目的としたマイクロホンの感度校正技術を開発しています。

図2 低周波レーザ干渉式振動測定装置

微小加速度計測技術の開発

 微小振動計測やインフラ診断に資する超高感度加速度センサ(地震計など)の評価技術を開発しています。

図3 高周波三軸レーザ干渉式高衝撃測定装置

高周波高加速度を用いた三軸加速度センサ評価技術の開発

 高周波高加速度を用いた三軸加速度センサの評価技術を開発しています。

グループの構成メンバー

顔写真 所属・役職及び名前 専門分野 メールアドレス、ホームページURLホームページ、他
グループ長
野里 英明
(NOZATO, Hideaki)
振動 メールアドレスhideaki.nozato[アット]aist.go.jp
主任研究員
高橋 弘宜
(TAKAHASHI, Hironobu)
音響 メールアドレスh.takahashi[アット]aist.go.jp
主任研究員
山田 桂輔
(YAMADA,Keisuke)
音響 メールアドレスkeisuke.yamada[アット]aist.go.jp
主任研究員
穀山 渉
(KOKUYAMA, Wataru)
振動 メールアドレスwataru.kokuyama[アット]aist.go.jp
研究員
下田 智文
(SHIMODA, Tomofumi)
振動 メールアドレスtomofumi.shimoda[アット]aist.go.jp
研究グループ付
堀内 竜三
(HORIUCHI, Ryuzo)
音響 メールアドレスryuzo.horiuchi[アット]aist.go.jp
([アット]を@にして送信してください)

ページの先頭へ