線量当量

更新 2011/2/23

人体に対する放射線の影響は、吸収線量が等しくても、放射線の種類、 エネルギーおよび照射条件によって異なってきます。 そこで、放射線防護のために、被ばくの影響をすべての放射線に対して 共通の尺度で評価する量を定めたものが、線量当量Hであり、次式で定義される。

H = QD

ここで、Dは組織に対する吸収線量、Qは線質係数(Quality Factor) です。 X線・γ線・β線の場合には、線質係数は1です。 中性子の場合にはエネルギーによって変化します。 線量当量の単位は、シーベルトSv(=J/kg)を用います。