X線照射施設
 
放射線計測器のエネルギー特性を評価するために様々な線質、エネルギー特性を持ったX線を照射できるように2つの照射室があります。1つはエネルギーの高いX線を照射できる中硬X線照射室、他方は低いエネルギーのX線とマンモグラフィX線を照射できる軟X線照射室です。  中硬X線および軟X線のX線管球のターゲットにはタングステンを用いています。 それに対して、マンモグラフィX線は、タングステンの他にモリブデンとロジウムの3つのX線管球があり、切り替えて使っています。 X線管球は、このターゲットに電子線を照射することによりX線を発生させます。 X線発生装置は、管電流が流れることによる電圧降下を防ぐ機能を有しており、電流を変化させても電圧は変わりません。

中硬X線照射室軟X線照射室
X線の種類中硬X線軟X線マンモグラフィX線
ターゲットタングステンタングステンW、Mo、Rh
管電圧 (kV)30 〜 30010 〜 5020 〜 40


中硬X線照射室


軟X線照射室