放射線標準研究グループでは、放射線(X線、γ線、β線)の計測技術に関する研究を行うとともに、放射線の標準を開発・供給・維持しています。
医療用リニアックの高エネルギー光子線標準の開発
(プレスリリース 2013.9.12)
がん治療に用いるイリジウム192密封小線源線量のトレーサビリティーを確立(プレスリリース 2016.2.9)new 0.1 nmより短波長のX線自由電子レーザー光強度を初めて測定
(プレスリリース 2012.7.9)

2016年5月26日(木)13:15より、放射線・放射能・中性子計測クラブ研究会を産総研つくば中央にて開催いたします。(2016.3.28)new
平成27年4月1日に組織改編が行われ、科室制は廃止され、放射線標準研究室は放射線標準研究グループとなり、分析計測標準研究部門の所属となりました。(2015.04.01)
環境レベルγ線線量標準の開発(2014年2月)
X線自由電子レーザー強度の絶対測定(2013年1月4日)
EGS5-MPIのホームページを開設しました(2012.04.19)
これまでのトピックス
お問い合わせ

お問い合わせは下記メールアドレスまでお願いいたします。
radiation-ml *** aist.go.jp (***を@マークに変えてお送りください)