トピックスのバックナンバー

● 2015.04.01  平成27年4月1日に組織改編が行われ、科室制は廃止され、放射線標準研究室は放射線標準研究グループとなり、分析計測標準研究部門の所属となりました。
● 2014.04.18  全体的に内容をアップデートしました。特に、研究の紹介校正の案内論文リストをアップデートしました。放射線量のトレーサビリティについて分かりやすい図を作成しました。(2014.04.18)
● 2014.04.01  平成26年度より、低線量率γ線標準、医療用Ru-106小線源のβ線水吸収線量標準の供給を開始しました。
● 2014.02.01  環境レベルγ線線量標準の開発
● 2013.09.12  医療用リニアックの高エネルギー光子線標準の開発(プレスリリース)
● 2013.08.28  第17回NMIJ計測クラブ・放射線比較校正研究会を開催します。「放射線・放射能計測技術セミナー(福島)」
● 2013.05.31  第16回NMIJ計測クラブ・放射線比較校正研究会を開催します。
● 2013.02.28  NMIJ計測クラブ・放射線比較校正研究会(大阪シンポジウム)を開催します。
● 2013.01.04  X線自由電子レーザー強度の絶対測定
● 2012.11.16  NMIJ計測クラブ・放射線比較校正研究会を開催しました。
● 2012.07.19  0.1 nmより短波長のX線自由電子レーザー光強度を初めて測定(プレスリリース)
● 2012.05.24  NMIJ計測クラブ・放射線比較校正研究会を開催しました。
● 2012.04.19  EGS5-MPIのホームページを開設しました
● 2011.11.24  NMIJ計測クラブ・放射線比較校正研究会を開催しました。
● 2011.06.20  テクニカルスタッフ2名募集は終了しました
● 2011.09.09  分析展にて放射線計測の信頼性に関するワークショップを開催します。
● 2011.07.23  産総研一般公開にて放射線に関する講演を行います。
● 2011.05.19  第12回放射線・放射能・中性子計測クラブ研究会は中止しました。
● 2010.11.10  第11回放射線・放射能・中性子計測クラブ研究会を開催しました。
● 2010.05.26  第10回放射線・放射能・中性子計測クラブ研究会を開催しました。
● 2010.03.25  パーマネント職員の公募 (締め切りました)
● 2009.11.11  第9回放射線・放射能・中性子計測クラブ研究会を開催しました。
● 2009.07.07  第1回線量当量WGを開催しました。
● 2009.05.27  第8回放射線・放射能・中性子計測クラブ研究会を開催しました。
● 2009.03.05   プレスリリース: マンモグラフィ線量標準の確立と線量計校正サービスの開始

お問い合わせ

お問い合わせは下記メールアドレスまでお願いいたします。
radiation-ml *** aist.go.jp (***を@マークに変えてお送りください)