国立研究開発法人産業技術総合研究所

エネルギー・環境領域 創エネルギー研究部門

未利用炭素資源グループ

Non-conventional Carbon Resources Group

創エネルギー研究部門 >  未利用炭素資源グループ >  トップページ

未利用炭素資源グループ

未利用炭素資源を高効率に有効利用するため、反応プロセス技術、触媒技術および分析技術の研究開発を推進しています。 埋蔵量が豊富で安価な褐炭などの未利用低品位炭の改質・ガス化技術開発、非在来型重質油資源のアップグレーディング技術開発、原料多様化に対応するバイオマスガス化・熱分解技術の開発を行っています。 技術開発に欠かせない重質油の詳細構造解析技術、バイオ燃料の組成分析技術、自動車のEGRデポジット生成機構解明のための分析評価技術の研究も実施しています。 さらに、炭素資源の低環境負荷利用に資する化学ループ技術を用いた低炭素排出発電・水素製造技術の開発にも取り組んでいます。
キーワード:未利用炭素資源、バイオ燃料、ガス化、水素化精製、低炭素排出転換技術、細構造解析技術
未利用炭素資源から
クリーン燃料製造
(ガス化、熱分解)
未利用炭素資源の化学構造解析
低炭素排出転換技術
(発電、水素製造)
  • Computer Assisted Asphaltene Chemistryこちら
  • 平均構造解析支援プログラムこちら