産総研ホームエネルギー・環境領域 / 創エネルギー研究部門 / メタンハイドレートプロジェクトユニット

講演会は終了いたしました。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

第16回ガスハイドレート産業創出イノベーション講演会
(第17回メタンハイドレート研究アライアンス講演会)

CCS技術の研究動向、開発の現状

 産総研 エネルギー環境領域 創エネルギー研究部門 メタンハイドレートプロジェクトユニット(MHPU)では、我が国固有の非在来型天然ガス資源であるメタンハイドレート(MH)の生産手法開発を進めるとともに、主催するガスハイドレート産業創出イノベーション(GHIC)を通じて、ハイドレートの特性を生かした産業利用・機能活用技術の普及に努めています。
 この度、平成28年度第一回講演会として、CO2 回収・貯留技術(CCS)を取り上げ、我が国CCS技術の研究動向、開発の現状についてご講演いただくこととしました。それぞれ、"政策的立場からのCCS関連施策の方向性"、"国内外の代表的な炭酸ガス回収技術の分類・コスト試算"、そして、実例として"酸素燃焼による微粉炭火力からのCO2回収技術とその商用化"の3件のご講演をお願いいたしました。当日は、これらご講演をふまえ、ガスハイドレート技術のCCS分野への応用の可能性についても議論させていただければと考えております。
 今回はアライアンス講演会として、一般公開の形で開催させていただきます。ご多忙のことと存じますが、是非、多くの皆様にご参加・ご議論いただきたく、ご案内申し上げます。

主 催 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域
創エネルギー研究部門 メタンハイドレートプロジェクトユニット
開催日時 平成28年10月13日(木) 13:30~17:30
開催場所

〒135-0064  東京都江東区青海2-4-7
(国研)産業技術総合研究所臨海副都心センター本館4階第1会議室
(最寄駅:ゆりかもめ テレコムセンター駅)
http://www.aist.go.jp/waterfront/ja/access/

参加費 無料
プログラム

13:30~14:30
「科学技術イノベーション政策におけるCCS関連施策の方向性」
(国研)産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 研究戦略部

西尾 匡弘 氏


14:30~15:30
「国内外のCO2分離回収技術の開発動向」
一般財団法人エネルギー総合工学研究所

酒井 奨 氏

15:30~15:45 休 憩

15:45~16:45
「酸素燃焼による微粉炭火力からのCO2回収技術とその商用化」
株式会社IHI エネルギー・プラントセクタ

氣駕 尚志 氏

16:45~17:30 総合討論
参加申込締切  10月7日(金) 
お問合せ先

MHPU-GHIC担当(011-857-8457,ghic-kouen-ml@aist.go.jp)

参加申込

      参加申込は終了いたしました。