創エネルギー研究部門

現在位置組織 > エネルギー・環境領域 > 創エネルギー研究部門 > 研究グループ > 水素材料グループ

水素材料グループ


グループ長:飯島高志
水素材料グループは、安全で経済的な水素社会を実現するために、燃料電池自動車や水素ステーションなどに使用される様々な材料に与える水素の影響を明らかにすることを目的として、水素脆化現象の正確な評価による脆化メカニズムの解明、水素雰囲気中材料評価技術の開発による金属材料中の水素挙動の解明に取り組んでいます。特に、120MPaまでの高圧水素ガス中で、低歪み速度引張り(SSRT)試験、破壊靭性試験、疲労試験などが可能な材料試験装置を用いて、ステンレス鋼や低合金鋼などについて水素脆化の影響を調べています。試験結果を基にデータベースの構築を進めており、水素脆化評価手法に関する国内および国際的な規格、標準の整備に向けた取り組みに貢献しています。

キーワード:水素脆化、水素貯蔵、燃料電池自動車、水素ステーション、標準化

引張り試験機
70MPa, 室温

疲労試験機
120MPa, 室温

暴露容器
120MPa, 350℃

暴露容器
120MPa, 100℃

水素中陽電子
消滅評価装置

固体NMR
装置

水素中X線
回折装置
組織名 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 創エネルギー研究部門 水素材料グループ
所在地 〒305-8569 茨城県つくば市小野川 16-1 つくば西
Eメール hius-info-ml (at) aist.go.jp

最終更新日 2016.10.1