電池技術研究部門

部門概要

部門ミッション

温室効果ガス削減への対応は限りある資源の有効利用とともに自然エネルギーなど再生可能エネルギーの効果的活用を進展させることがまずは主要な取組と考えられます。そのためには、利用しやすいエネルギー貯蔵技術、効率の高いエネルギー変換技術が必要で、蓄電池、燃料電池が重要な役割を果たします。われわれは先端科学・テクノロジーと産業利用の両面から、安全性や環境性に優れた蓄エネルギー技術、電力とエネルギー媒体の変換技術の研究開発に取り組みます。産業用途も含めた住宅用、移動体用途の電源となる二次電池や燃料電池等に関する研究開発を進め、新しいプロダクトを生み出すもととなる材料開発、プロセス開発及びそれらを支援する材料基礎技術等に取り組みます。これまで蓄えてきた技術力と培ってきた技術革新の推進力で、新しい技術を社会に産業に橋渡しすることを目指します。

電池技術研究部門では、社会および産業界への新技術の実装を目指して、(1)新しい産業技術シーズの提案や民間企業で行うにはリスクの高い先進技術の実証などの「先導的産業技術の提案」および(2)国際基準や評価技術、寿命予測技術などの産業基盤技術の提供」を通して、社会・産業界の発展に貢献したいと考えています。さらに自らのコア・コンピタンスを「材料技術」と位置付け、実学的な視点でのマテリアル・サイエンスにも取り組んでまいります。

電池技術研究部門のミッション