メニューを閉じる

中国

岡山

鈴木 隆之スズキ タカユキ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 イノベーションコーディネータ

岡山県には、2年間出向しましたが、「晴れの日」が最も多い県のひとつでとても暮らしやすいところです。また、素材企業をはじめとして、鉄鋼、自動車、化学等の様々な企業が結集しており、「西日本最大の素材供給拠点」と呼ばれています。産総研とのおつきあいが少しでも深まればと思い、応募いたしました。

石堂 能成イシドウ ヨシナリ

  • 関西センター
  • 無機機能材料研究部門機能調和材料グループ 主任研究員

当人の出身は隣県の尾道ですが母方が備前の一族。海に臨む岡山平野は備後の福山尾道まで及び経済的にもむしろ近い。二次産業のみならず桃をはじめ一次産品にも恵まれた反面、ときに水害も。美作津山で初めて木通を目にした覚えあり。それにしても”ままかり”(うちではもうかりと言いますが)の酢着けは旨い!

槇田 洋二マキタ ヨウジ

  • 東京本部
  • 企画本部 総括企画主幹
  • 健康医工学研究部門・研究部門付

中学入学から高校卒業までは隣県の福山市から通学し、大学入学から大学院修了まで岡山市内で過ごしました。そのため、友人の多くが岡山出身または岡山で知り合った方です。研究の専門は、多孔質無機材料の開発および有用イオンの回収や有害イオンの除去への応用です。愛着のある岡山県のために、できる限りお役に立ちたいと思っています。お気軽にお声がけください。

広島

神徳 徹雄コウトク テツオ

  • つくばセンター
  • 情報・人間工学領域 研究戦略部 連携推進室 イノベーションコーディネータ

機械技術研究所に入所して、知能システム(ロボット)の研究と標準化活動に従事してきました。途中、研究現場を離れて、産総研イノベーションスクールの事務局として若手博士の方々と一緒に学び、技術研究組合国際廃炉研究開発機構に兼務して廃炉問題の難しさを実感してきました。最近は、イノベーションコーディネータとして、産業界の方々に産総研を活用していただく取り組みをしております。 中学と高校時代を広島市内でお好み焼きを食べながら成長してきました。

美濃輪 智朗ミノワ トモアキ

  • つくばセンター
  • 地域連携部 部長

広島市で生まれ、全国を転々とした後、大学は広島市に戻ってきました。 就職後はつくばに長らく居ましたが、2003年4月~2013年3月に呉&東広島(中国センター)に戻ってきました。 広島起点では、現在3度目の周遊中です。

白石 重明シライシ シゲアキ

  •  理事・総務本部長

広島市出身。高校卒業までお好み焼きで育つ(今も時々食べる)。

川中 浩史カワナカ ヒロフミ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 知的財産部 連携主幹
  • 電子光基礎技術研究部門 主任研究員

私は広島で学生時代を過ごした忘れられない思い出の地で私にとって第2のふるさとです。今は産総研つくばセンターで研究していますが、広島は機会があれば帰るふるさとです。産総研職員として、広島の皆様のお役に立てればと思います。よろしくお願いいたします。

田頭 佳奈タガシラ カナ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 地域連携部 地域・中小企業室 主査

山本 浩万ヤマモト ヒロカズ

  • つくばセンター
  • 地質情報研究部門・リモートセンシング研究グループ 主任研究員

産業技術総合研究所・地質情報研究部門の山本浩万(やまもとひろかず)と申します。 地質情報研究部門の中でも衛星画像の解析を専門としていますが、主には地質情報を抽出するための衛星センサの精度向上に関する研究を行なっています。 例えば現地で実測したものや複数の衛星画像を組み合わせることで、さらに付加価値の高い衛星画像に生まれ変わります。 衛星画像は地質だけでなく、植生や海洋、大気の理解にも役に立ちます。 私は生まれて少し長めの浪人まで広島にいましたが、今や人生の半分以上を関東で過ごしています。 しかし、これまでの研究開発の経験を故郷である広島に活かせないかと考えるようになりました。 何か衛星画像に関することで何かありましたら、是非お気軽にお問い合わせください!

田中 真悟タナカ シンゴ

  • 関西センター
  • エネルギー・環境領域 電池技術研究部門 ナノ材料科学研究グループ 研究グループ長

槇田 洋二マキタ ヨウジ

  • 東京本部
  • 企画本部 総括企画主幹
  • 健康医工学研究部門・研究部門付

高校卒業まで福山市で過ごしました。隣県の岡山県に近いので、広島弁は全く話せません。実家があるので年に数回訪れます。研究の専門は、多孔質無機材料の開発および有用イオンの回収や有害イオンの除去への応用です。とても愛着のある広島県のために、できる限りお役に立ちたいと思っています。お気軽にお声がけください。

西久保 はるかニシクボ ハルカ

  • つくばセンター
  • 環境安全部 企画室 職員

広島県広島市で高校卒業までの18年間を過ごしました。縁あって大学に入学してからはつくばにいますが、帰省時には必ずお好み焼きを食べます。ふるさとである広島に少しでも貢献できるように、がんばります。

島根

村本 智也ムラモト トモヤ

  • つくばセンター
  • 液体流量標準研究グループ 研究員

島根県松江市の出身です。宍道湖のほとりで育ちました。宍道湖から流れに流れ、流体標準研究グループに辿り着きました。たまに、吉田くんポロシャツを着て勤務しています。胸のところには「島根は鳥取の左側です!」とプリントしてあります。皆さん、ちゃんと覚えてくださいね。

神門 賢二ゴウド ケンジ

島根県出雲市の出身です。読みづらい苗字ですが、ゴウドと読みます。島根県にしかない苗字です。研究は、LEDの計測に関する研究を行っています。どうぞ宜しくお願いします。

安田 正美ヤスダ マサミ

世界一大きな一年砂時計のある、大田市仁摩町出身です。縁あって、産総研物理計測標準研究部門で、光格子時計など時間標準に関する研究を行っております。2006年より、しまねつくば研究者ネットワークというボランティア組織にも所属し、現在、事務局長を務めております。企業との連携や、子供の教育に貢献できれば幸いです。

渡利 広司ワタリ コウジ

  • つくばセンター
  • 理事 イノベーション推進本部長

島根県大田市生まれ。松江高専を卒業後県外へ。高専時代(5年間)は宍道湖の畔に住み、朝霧と夕陽の宍道湖に感動しながら魚釣りに明け暮れた毎日を送っていました。これまで御恩を頂いた島根に貢献をさせて頂きたいと思います。

越野 雅至コシノ マサノリ

  • つくばセンター
  • ナノ材料研究部門電子顕微鏡グループ 研究グループ長

3歳~高校まで安来、松江で過ごしました。空き家となった実家は現在UIターン者向けのお試し住宅として安来市で利用されています。鋼、たたら、銀山、日本庭園、天守閣、石垣、日本酒など、古き良き日本が持つ伝統技術を小さい時にもっと学んでおけば良かったと感じる年頃になりました。産総研が目指す科学技術のイノベーションは、何もないところからは生まれません。古いものを学び、新しいものにつなげていく、ふるさとサポーターがそのようなきっかけになれば幸いです。

鳥取

谷本 一美タニモト カズミ

鳥取県鳥取市に生まれ、高校卒業まで鳥取砂丘や湖山池周辺を遊び場として鳥取市で育ちました。現在関西在住で、鳥取に戻る都度に道がよ~なっているとを感じます。鳥取ならでの地場も人もより元気になるように産総研のサポートを期待して頂ければと思います。

坂根 広史サカネ ヒロフミ

  • 臨海副都心センター
  • 情報・人間工学領域 サイバーフィジカルセキュリティ研究センター ハードウェアセキュリティ研究チーム 主任研究員

鳥取県米子市で生まれ育ち米子高専を20歳で卒業するまで、生粋の鳥取県人でした。その後進学と就職のため山口→東京→茨城と移り住み、鳥取にいる友人・知人との音信も途絶えつつあったころ、SNSで再び地元の旧友らとのつながりが復活しました。また、住んでいる頃から鳥取の自然はすばらしいと思っていましたが、ふとインターネットで調べると自分の知らなかったすばらしさがもっとあることがわかってきました。所属名が示す通り私は情報技術に関する研究をしていますが、情報技術は自分の心と故郷とのつながりを深めることにも役立つことを実感しました。今度はふるさとサポーターとして、故郷と産総研のつながりを深めるお助けができればと思います。

山口

美濃輪 智朗ミノワ トモアキ

  • つくばセンター
  • 地域連携部 部長

小学生時代を宇部市で過ごしました。常磐公園で遊んでいました。

染矢 聡ソメヤ サトシ

高校卒業までの大半を大切な“地元”下関で過ごしました。帰省の都度、山陰やヒコットランドの風車を視に行きます。研究活動では、エネルギー環境技術をはじめ、楽器、マスクなど様々なものの「視える化」に関わってきました。連携による新技術創成からアウトリーチまで、少しでも地元に貢献できることがあると幸いです。

遠藤 貴士エンドウ タカシ

山口県柳井市出身(高校まで),経歴:広島大学・大学院を経て工業技術院(現産総研)へ,研究内容:木材成分であるセルロースの利活用技術開発,地元には家族や親族がおり,よく里帰りします。山口県でもバイオマス関連利活用技術の啓発・普及を進めたいと思っています。

安田 哲二 ヤスダ テツジ

星降る町、山口県下松市の出身です(下松高校卒業)。学部・大学院は化学工学を専攻、産総研では主に半導体プロセスや電子デバイス材料・界面の研究を行い、現在はエレクトロニクス・製造領域の研究マネジメントを担当しています。下松市を含む周南地域の産業が自分が子供の頃から大きく変わっていることを帰省の度に実感します。山口県の発展に小生が貢献できることがありましたら、ぜひお声掛けください。

廣谷 美咲ヒロタニ ミサキ

  • つくばセンター
  • 人事部人事室管理グループ 職員

海の青、山の緑、そして工場夜景も美しい山口県周南市(徳山)出身です。現在は故郷を離れ、つくばセンター勤務ですが、産総研と山口をつなぎ、科学技術の魅力を伝えるお手伝いができればと思っています。瓦そばがすきです。

宮下 由香里ミヤシタ ユカリ

  • つくばセンター
  • 地質調査総合センター 活断層・火山研究部門 活断層評価研究グループ 研究グループ長

活断層と地質の調査・研究をしています.山口県内の活断層では,岩国断層帯と菊川断層帯を,5年間かけて調査し,過去の地震活動を明らかにしました.現在は,熊本での活断層調査と周防大島町の地質調査(地質図を作る仕事)を担当しています.上関〜柳井〜岩国地域には,おおよそ1億年前に地下深くでできた岩石が地表に露出しています.この岩石がどのようにしてできたのか?というテーマで,卒論,修論,D論をかき,学位を取りました.20余年にわたる地質と活断層の調査研究を通じて,山口県にはとても愛着があります(地酒も大好きです).将来は山口県に移住したいと考えています.山口県のみなさん,一緒に山口のジオを巡りましょう!

田中 真悟タナカ シンゴ

  • 関西センター
  • エネルギー・環境領域 電池技術研究部門 ナノ材料科学研究グループ 研究グループ長

蔵田 武志クラタ タケシ

徳高を卒業するまでの18年間、実家のある周南市(その当時は新南陽市)に住んでいました。今は、屋内測位、IoH (Internet of Humans)、サービス工学、スマートワーク、視覚障害者支援などの研究に取り組んでいます。

真部 研吾マナベ ケンゴ

  • つくばセンター
  • エレクトロニクス・製造領域 製造技術研究部門 表面機能デザイン研究グループ 研究員

山口県下関市の出身です(下関西高校卒業)。バイオミメティクス(生物模倣)表面を構築し、付着や接着に関わる機能を発現する研究を行っています。地元である山口県に貢献し、山口が発展する一助になれればと思います。