メニューを閉じる

イベント協力 活動記録

2019年9月26日

九州センターで開催された「九州・沖縄 産業技術オープンイノベーションデー」において、産総研ふるさとサポーター(福岡県)富永大介(生体システムビッグデータ解析オープンイノベーションラボラトリ 主任研究員)らが産総研の連携制度とふるさとサポーターの紹介を行いました。
2019年3月16日

新潟県で開催された「地域未来牽引企業サミット」において、産総研ふるさとサポーター(新潟県)等がブース対応を行いました。 当日は、サミットに参加された約320社の企業の方々に産総研を知っていただくため、チラシの配布や連携活動のPRを行いました。
2019年1月16日

関西センターで開催された「テクノブリッジ®フェアin関西」において、 ふるさとサポーターのミニセミナーを開催しました。 事務局からは産総研ふるさとサポーターの取組みの紹介を行いました。
それに続いて、産総研ふるさとサポーター(兵庫県)である萩原義久(創薬基盤研究部門 副部門長)が創薬基盤研究について、 産総研ふるさとサポーター(大阪府、兵庫県)である大家利彦(四国センター所長代理)が健康工学について、 それぞれ講演を行いました。 また、産総研ふるさとサポーター(大阪府)2名が運営支援を行いました。
2018年12月3日

名古屋市内にて開催された「フロンティア材料フェアin中部」において、産総研ふるさとサポーター(愛知県)である、 福田 伸子 主任研究員(フレキシブルエレクトロニクス研究センター)が、学生向け企画の対応を行いました。
福田主任研究員は、本企画の「若手・女性研究者との交流」のプログラムにおいて、参加された学生に対して、自己紹介や自由相談などを対応しました。
2018年9月3日

九州センターで開催された「両肥ものづくり連携推進フェア(テクノブリッジ®フェアin九州)」において、 産総研ふるさとサポーター(佐賀県、長崎県、熊本県)が運営支援を行いました。
当日は講演会において、産総研ふるさとサポーターの取組みの紹介をし、サポーターから皆様にご挨拶しました。
2018年8月28日

日立市内において「テクノブリッジ®フェアin茨城」が開催され、産総研ふるさとサポーター(茨城県)が、運営補助・パネル展示を担当するとともに、 産総研ふるさとサポーターのパネルも展示されました。 当イベントは、「技術を社会へ」をスローガンに、産総研が持つ技術シーズを県内企業の皆様が抱える技術課題の解決にお役立ていただくため開催したものです。 当日は、計200名近くの方々にご参加いただき、大変盛況に終わりました。
2018年8月25日

産総研臨海副都心センター(東京都江東区)の一般公開が行われ、産総研ふるさとサポーター(東京都)が、 セグウェイ試乗会や工作教室などでの運営支援を行いました。
猛暑にも関わらず、多くの皆様にご来場いただきありがとうございました。
産総研ふるさとサポーターは、地縁のある職員を通じて産総研をもっと身近に感じていただくべく、これからも活動を続けていきます。
2018年7月21日

熊本市内で開催された「地域未来牽引企業サミット」において、 産総研ふるさとサポーター(熊本県、福岡県、佐賀県、鹿児島県)がブース対応を行いました。 世界一の癒し効果があるアザラシ型ロボット「パロ」と一緒に、産総研の連携活動のPRを行い、 たくさんの参加者の方にお立ち寄りいただきました。
産総研ふるさとサポーターは全国各地に伺います。
講演会や展示会をはじめとするイベントへの協力依頼など、ぜひお気軽にお問い合せください。

PAGE TOP