地域連携推進部

現在位置組織 >  イノベーション推進本部  > 地域連携推進部 > 組織・業務内容

組織、業務内容

地域連携推進部は、地域イノベーションの推進のため、下記を基本的な考え方として、必要な施策・事業を行います。
  • 地域における「橋渡し」を効果的かつ効率的に行うため、自治体・公設試等との連携を一層推し進めます。
  • 公設試と協調して、シームレスな支援サービスを中小・中堅企業に対して行います。
  • 産総研の「橋渡し」の波及効果を最大とするために、特に中核企業との関係を強化し、そこを中心に連携を広げていきます。
そのための具体的な業務方針として、イノベーション推進本部の他部署や各地域センター、研究領域等と協力し、以下の事項に取り組みます。
  • 公設試との対話を増やし、産総研ICの増強と効果的な活用を図ります。
  • 地域中核企業との連携強化のため、「テクノブリッジ事業」を推進します。各地域センターの「テクノブリッジクラブ」の増強と活用を促すとともに、「テクノブリッジフェア」の開催を積極的にサポートします。
  • 自治体との関係強化、特に新たな連携の枠組みの創出、及び既存の連携の枠組みの活用を図ります。特に今年度設置した石川サイト・福井サイトをベースにした連携の構築を進めます。
  • 中小・中堅企業への直接的な連携事業として、スタートアップ事業や外部資金獲得、技術相談等への対応に積極的に取り組みます。
  • 産業技術連携推進会議のネットワーク活用を進めるとともに、より効果的な事業や制度を検討・運用していきます。
  • 各地域センターとともに地域センターの連携機能の強化を進めます。例えば、地域センターのスペース活用や、領域との協力体制の強化等に努めます。
  • 関東地域に対しては、関東地域連携室を中心に、直接、部として連携の強化を図ります。
【室名】 【業務内容】
地域連携企画室
  1. 研究所の地域における連携戦略に係る企画及び立案並びに総合調整に関すること。
  2. 地域センターにおける産学官連携活動の支援に関すること。
中小企業連携室
  1. 中小企業の技術支援に関すること。
  2. 中小企業等への成果普及に関すること。
  3. 技術相談に関すること。
  4. 公設試験研究機関との連携に関すること。
  5. 産業技術連携推進会議に関すること。
関東地域連携室
  1. 連携研究に関する情報の収集及び発信、支援並びに成果普及に関すること。
  2. 産技連関東甲信越静地域部会に関すること。
  3. 産学官連携共同研究施設(つくば本部・情報技術共同研究棟)の運営に関すること。

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 イノベーション推進本部 地域連携推進部

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1-1-1 中央第1 本部・情報棟9F
Eメール:rcpd.regi-all-mlaist.go.jp (アットマークは画像になっております)