本文へ

イノベーション推進企画室

主な取り組み

オープンイノベーションハブ構想の推進に向けて

イノベーション推進戦略の策定

 第3期研究戦略において、第2部イノベーション推進戦略の策定を担当し、イノベーション推進本部各部と連携しながら、オープンイノベーションハブ機能強化への方策を考案、提示しています。 研究戦略第2部 イノベーション戦略
>>詳しくはこちら(研究戦略第2部 イノベーション戦略)

産学官との連携強化に向けて

技術研究組合に関する調整

 技術研究組合(以下、「組合」という。)とは、産業活動において利用される技術に関して、研究者・研究費・設備等を出しあって共同研究を行い、その成果を共同で管理し、組合員相互で活用する法人です。
 産総研は、産総研の「人」、または「場」を組合事業に活用(研究者が組合員として参加、組合の研究実施拠点として施設を提供する等)することで、産総研が、異なる組織・人・知が交流する場として機能することを目指しています。
 イノベーション推進企画室では、こうした活動を促進するため、所内制度の整備等、関係部署との調整を行っています。
技術研究組合に関する調整
産総研が参画する組合の体制
>>現在参加している19の組合(平成29年9月末現在)
>>技術研究組合制度に関してはこちら(経済産業省HP)

産業界との協働プロジェクト拡充に向けて

日本を元気にする産業技術会議の実施

 産業技術総合研究所と日本経済新聞社は、大震災後の日本が再び力強い経済国家として蘇るには、国際競争力のある産業技術を裏づけにした産業再創造が不可欠になるとの共通認識の下、諸国家の技術立国を巡る攻防が激化する中、今ここでイノベーションの基盤を固めないと、日本は将来に向けた成長の最大の推力を失うことになりかないとの思いから、2011年10月1日付で「日本を元気にする産業技術会議」を発足させました。

「日本を元気にする産業技術会議」では、日本の主要企業や主要大学からの参加、協力や支援をいただきながら、日本経済の閉塞感を打破するための提言をまとめ、広く日本の関係各界に向けて発表します。そして、提言内容をフォローアップすると共に、新たな課題について議論を続けます。
>>詳しくはこちら

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
イノベーション推進本部 イノベーション推進企画室

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1-1-1 つくば本部・情報技術共同研究棟9階
電話:029-862-6040 FAX:029-862-6130
Eメール:raiso-general-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)


▲ ページトップへ