> 日本を元気にする産業技術会議  > シンポジウム等 > CD-FMatシンポジウム

講演会概要

開催概要
講演会名 シンポジウム「“材料データマイニング”技術が生み出す新たな素材開拓スキーム」
主催 産業技術総合研究所/日本を元気にする産業技術会議
開催日 2016年3月17日(木)
開催場所 コクヨホール(東京都港区)
参加人数 332名
講演 「計算シミュレーションを活用する材料データマイニング技術」
浅井 美博(産総研 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター長)
「マテリアルズゲノムプロジェクトの米国産業界へのインパクト」
Peter Voorhees(Co-Director of the Center for Hierarchical Materials Design, Northwestern University)
「情報統合型物質・材料研究の展望」
寺倉 清之(物質・材料研究機構 情報統合型物質・材料研究拠点長)
「リチウムイオン電池にかかわる材料化学と計算科学に対する期待」
吉野 彰 (旭化成株式会社 顧問)
「素材産業における計算機利用技術の過去・現在・未来」
高田 章 (旭硝子株式会社 先端技術研究所/日本応用数理学会 フェロー)
→全登壇者
パネルディスカッション
モデレータ 滝 順一(日本経済新聞社 論説委員)
パネリスト 寺倉 清之(物質・材料研究機構 情報統合型物質・材料研究拠点長)
高田 章 (旭硝子株式会社 先端技術研究所/日本応用数理学会 フェロー)
浅井 美博(産総研 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター長)
パネルディスカッション

CD-FMatシンポジウム:パネルディスカッション

関連情報

←前シンポジウム一覧に戻る次→

「日本を元気にする産業技術会議」トップページへ


「日本を元気にする産業技術会議」事務局

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1−1−1 産業技術総合研究所 中央第1

E-mail:ind_tech_council-ml@aist.go.jp