> 日本を元気にする産業技術会議 > シンポジウム等 > 地中熱シンポジウム

講演会概要

開催概要
講演会名 シンポジウム「再生可能エネルギーとしての地中熱活用に向けた将来展望−日本を元気にする産業技術会議−」
主催 産業技術総合研究所/日本を元気にする産業技術会議
開催日 2012年6月8日(金)
開催場所 日経カンファレンスルーム(東京都千代田区)
参加人数 195名
基調講演

「地下水循環型ヒートポンプシステムの開発と導入事例」

東京大学 生産技術研究所 教授 大岡 龍三
→全登壇者

パネルディスカッション
モデレータ 井口 哲也(日経産業新聞 編集長)
パネリスト

笹田 政克(NPO法人地中熱利用促進協会 理事長)

内田 洋平(産総研 地圏資源環境研究部門 主任研究員)

大岡 龍三(東京大学 生産技術研究所 教授)

今野 真一郎(東武エネルギーマネジメント 常務取締役)

石上 孝(三菱マテリアルテクノ 資源・環境・エネルギー事業部 ドリリング部)

討論内容

主な課題
技術的課題 地中熱の方が効率が良いはずなのに、既存の空調システムに比べるとコストが高い
市場での課題 再生エネルギーとしての認知度が低く、参入企業が少ないため、価格競争が起きていない
制度面の課題

再生可能エネルギー特別措置法は、電力だけで熱は扱っていない

地中熱はグリーン熱証書の対象になっていない

パネルディスカッション

地中熱シンポジウム:パネルディスカッション

関連情報

←前シンポジウム一覧に戻る次→

「日本を元気にする産業技術会議」トップページへ


「日本を元気にする産業技術会議」事務局

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1−1−1 産業技術総合研究所 中央第1

E-mail:ind_tech_council-ml@aist.go.jp