> 日本を元気にする産業技術会議 > シンポジウム等 > エネルギー技術シンポジウム

講演会概要

開催概要
講演会名 エネルギー技術シンポジウム 2011「今後のエネルギーシステム再構築に向けた研究開発の役割」
主催 産業技術総合研究所/日本を元気にする産業技術会議
開催日 2011年12月13日(火)
開催場所 東京国際交流館 プラザ平成(東京都江東区)
参加人数 219名
基調講演

「産総研のエネルギー技術開発における重点課題設定の考え方」

産総研 エネルギー技術研究部門長 長谷川 裕夫

「エネルギーインテグレーション〜集中/分散エネルギーマネジメントの協調〜」

東京大学 生産技術研究所 エネルギー工学連携研究センター 特任教授 荻本 和彦

→全登壇者

パネルディスカッション
テーマ 「将来のエネルギーシステムと研究開発」
モデレータ 永田 好生(日本経済新聞社 編集委員)
パネリスト

荻本 和彦(東京大学 生産技術研究所 特任教授)

吉田 健一郎 (経済産業省 産業技術環境局研究開発課 企画官)

和坂 貞雄 (新エネルギー・産業技術総合開発機構 理事)

深野 行義 (大阪ガス株式会社 技術戦略部長)

斎藤 健一郎(JX日鉱日石エネルギー株式会社 研究開発企画部 副部長)

矢部 彰(産総研 理事)

討論内容

主な課題
技術的課題

エネルギーシステムの最適化のために、需給調整力の確保が必要

コストだけでなく長期的耐久性も重要

市場での課題 日本は要素技術で優れていても、コスト競争力や知財マネージメントが弱い
制度面の課題 グローバルスタンダードから外れた国内規制があるので、技術・社会に合わせて規制を素早く対応させる必要がある
パネルディスカッション

エネルギー技術シンポジウム:パネルディスカッション

関連情報

←前シンポジウム一覧に戻る次→

「日本を元気にする産業技術会議」トップページへ

「日本を元気にする産業技術会議」事務局

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1−1−1 産業技術総合研究所 中央第1

TEL:029-862-6058 / FAX:029-862-6130

E-mail:ind_tech_council-ml@aist.go.jp