> 日本を元気にする産業技術会議 > シンポジウム等 > オープンラボ講演会・革新的創薬

講演会概要

開催概要
講演会名 産総研オープンラボ講演会「ライフサイエンス分野におけるオープンイノベーションへの挑戦〜革新的創薬に向けて〜」
主催 産業技術総合研究所/日本を元気にする産業技術会議
開催日 2011年10月14日(金)
開催場所 産業技術総合研究所 つくばセンター(茨城県つくば市)
参加人数 180名
講演一覧

「創薬分野のオープンイノベーション拠点形成に向けた課題」

産総研 理事・ライフサイエンス分野研究統括 湯元 昇

「アカデミアの創薬シーズの産業化への課題」

筑波大学 学長補佐室長 永田 恭介

「製薬企業におけるオープンイノベーションへの取り組み」

アステラス製薬株式会社 上席執行役員 塚本 紳一

「アカデミアの創薬関連知財の産業化への課題」

知的財産戦略ネットワーク株式会社 代表取締役社長 秋元 浩

「ハイテクスタートアップの現状と課題」

合同会社 SARR-Science & Research for Reconstruction 代表 松田 一敬

→全登壇者

パネルディスカッション
モデレータ 滝 順一(日本経済新聞 論説委員)
パネリスト

湯元 昇(産総研 理事・ライフサイエンス分野研究統括)

永田 恭介(筑波大学 学長補佐室長)

塚本 紳一(アステラス製薬株式会社 上席執行役員)

秋元 浩(知的財産戦略ネットワーク株式会社 代表取締役社長)

松田 一敬(合同会社 SARR-Science & Research for Reconstruction 代表)

討論内容

  • 日本は米国のようにベンチャー企業への投資が積極的ではないので、税制面での優遇が必要
  • 何でも特許で守ればいいのではなく、基礎的研究についてはグローバルな権利を確保した上で、広く使って貰うことが大事
  • 人的ネットワークの構築や目利き人材の育成も必要
パネルディスカッション

オープンラボ講演会・革新的創薬:パネルディスカッション

関連情報

←前シンポジウム一覧に戻る次→

「日本を元気にする産業技術会議」トップページへ

「日本を元気にする産業技術会議」事務局

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1−1−1 産業技術総合研究所 中央第1

E-mail:ind_tech_council-ml@aist.go.jp