計量研修センターロゴ画像
現在位置  計量研修センター  > 計量教習・講習・研修 > 講習
産総研ロゴ画像

講習

計量講習とは、計量法第166条第1項に基づく計量法施行規則第119条第5号及び6号に規定する講習、特定環境計量証明管理者講習及び指定検定機関講習を指します。

開催地はいずれも研修センター(つくば)です。

環境計量講習(濃度関係)

国家試験を合格後、環境計量士の資格取得を目指す。フローチャートはこちら

環境計量士(濃度関係)の国家試験に合格し、計量法施行規則第51条(登録条件)の条件を満たさない方を対象とした講習です。

国家試験に関して詳細は、経済産業省のHPをご覧ください。

 受講要領  毎年3月末〜4月初旬 官報に公告
 (同時に当HPのお知らせ欄にご案内が掲載されます)
 受講資格  環境計量士(濃度関係)国家試験試験に合格した者
 入所定員  各回30名
 時期  6月〜12月の間 
年10回程度 (回数は年度ごとに変動があります)
 期間  4日間
 内容   講義
・不確かさとトレーサビリティの基礎
・実習で扱う各分析法の概要
・計量士の職務
 実習
・ガスクロマトグラフ質量分析
・原子吸光・ICP発光分析
・SOx分析(イオンクロマトグラフ法)

環境計量講習(騒音・振動関係)

国家試験を合格後、環境計量士の資格取得を目指す。フローチャートはこちら

環境計量士の国家試験(騒音・振動関係)に合格し、計量法施行規則第51条(登録条件)の条件を満たさない方を対象とした講習です。

国家試験に関して詳細は、経済産業省のHPをご覧ください。

 受講要領  毎年3月末〜4月初旬 官報に公告
 (同時に当HPのお知らせ欄にご案内が掲載されます)
 受講資格  環境計量士(騒音・振動関係)国家試験試験に合格した者
 入所定員  各回24名
 時期  7月〜12月の間
年3回程度 (回数は年度ごとに変動があります)
 期間  5日間
 教習内容   講義
・騒音・振動の測定及び評価
・環境計量士の役割
 実習
・騒音レベルの測定
・騒音計の検査
・振動レベルの測定 等

特定計量証明事業管理者講習

次のいずれかに該当する方を対象とした講習です。

1 当該事業の環境計量士(濃度関係)であって、ダイオキシン類の実務経験が一年以下の方
2 当該事業の環境計量士(濃度関係)であって、ダイオキシン類の実務経験が一年超の方
3 当該事業の環境計量士(濃度関係)の下で、ダイオキシン類の実務に従事している方。

定員に達した場合は1 の該当者を優先します。
1 の方は本講習を受講することにより、当該事業の管理者となるために必要な実務経験の一部が補えます。
(要件一年以上→六月以上)

 受講要領  7月中旬
当HPのお知らせ欄にご案内を掲載
 受講資格  上記1〜3いずれかに該当する者
 入所定員  10名
 時期 毎年10月   (年1回)
 期間  5日間
 内容   講義
・ダイオキシン類の分析、測定等の技術
・特定計量証明事業(ダイオキシン類)の品質管理
・ダイオキシン類関係法規
 実習 無し

指定検定機関講習

次に該当する方を対象とした講習です。

1 指定定期検査機関、指定検定機関、指定計量証明検査機関及び特定計量証明認定機関の指定等に関する省令第9条に規定する指定検定機関の指定の申請を行う事業者の検定管理責任者となる検定を実施する者

 受講要領  時期未定
 当HPのお知らせ欄にご案内を掲載
 受講資格  上記1に該当する者
 入所定員  (区分)非自動はかり  10名
 (区分)燃料油メーター 10名
 (区分)自動はかり   20名
 時期  9月〜12月の間 (区分ごとに開催)
 期間  3日間
 内容   講義
(1)計量法等の法令に関する事項
(2)指定検定機関制度に関する事項
(3)検定検査に関する基準及び実習の事項
 実習 有り