パナソニック-産総研先進型AI連携研究ラボの活動を中心に、研究成果を発信しています。
Topic 2018.6 ホームページを開設

研究テーマ

> 詳細ページへ




カメラ等で撮像されたヒトやモノの流れを、画像処理技術を利用して追跡・分析することで、流れの最適化設計、団体スポーツにおける戦略支援を実現します。




物流倉庫環境における物品搬送の自動化や、人の運動のワイヤアシストによる運動負荷低減など、AI技術の制御分野への応用を実現します。




レントゲンやCT等の医療画像の診断支援技術や、高齢者の運動機能を簡易なセンサで計測する技術を開発します。




料理レシピの検索において、自然言語や画像によるシステムとの対話で、ユーザ発話の潜在意図の認識することで、知的な検索システムを実現します。




画像認識技術を利用して、レジにおける購入商品の自動認識で、消費者の手間なく、会計処理ができるシステム技術を開発します。




研究テーマ詳細ページへ


組織概要

組織名:パナソニック-産総研先進型AI連携研究ラボ
設立年月日:2017年2月1日


松下


先進型AI連携研究ラボは、 2017年2月1日設立され、産総研の情報・人間工学領域が持つ先進の人工知能・ロボット技術と、パナソニックの家電・住宅・車・産業などの事業領域で今後想定される社会課題・顧客課題とを掛け合わせることにより良いくらしと社会の実現に貢献する先進型AI技術の研究開発を行っていきます。
 産総研の情報・人間工学領域では、傘下にある人工知能研究センターをはじめとして、産業競争力の強化と豊かで快適な社会の実現を目指し、人と情報が共存する社会を目指した情報技術の研究開発を行っています。特に、ネットワーク上に多量に存在するビッグデータから人間の知的処理を計算機上で実現する人工知能技術、人間の生理・認知・運動などの機能を明らかにし、安全で快適な社会生活を実現するための人間計測評価技術、さらに、介護サービス、屋内外の移動支援、製造業など様々な産業におけるイノベーションを目指したロボット技術を中心に、世界に先駆けた基盤技術の研究開発を行っています。
 今回、AI技術・ロボット技術の分野での先進的な研究開発を行っている産総研と、民生から産業まで幅広い分野で事業展開をしているパナソニックの研究部門が、先進型AI連携研究ラボを設置し、今後の社会課題・顧客課題解決に向けた研究開発に共同で取り組みます。
 具体的には、重要な社会課題の一つである少子高齢化に伴う労働力不足に注目し、健康・介護分野、流通・接客分野において、先進の対話技術やロボット技術による業務支援に関する研究開発を行います。また、AI技術を応用する上で、アルゴリズムの高度化やデータ規模の増大により、膨大な計算能力が必要となる課題も生じています。この課題解決に向けた計算機環境に関する研究開発も行います。
 本研究ラボでは、基礎研究よりは、応用分野における最先端のAI技術の実用化を、パナソニック、産総研の研究者が協力して目指していきます。

> ニュースリリース


連携研究ラボ長
小澤 順


研究拠点

つくば地区

〒305-8560
茨城県つくば市梅園1-1-1 中央第1
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
つくば本部・情報技術共同研究棟4F 4306





臨海副都心地区

〒135-0064
東京都江東区青海2-3-26
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
臨海副都心センター本館3F 3331




メンバー

産業技術総合研究所
人工知能研究センター クラウドAI研究チーム     
西川 由理 (2017年3月~)


研究で目指すのは、人やモノの流れの中から「暗黙知」を発見することです。例えば、各業界で人手不足が課題になる中、引退が近づくベテラン技術者も多くいます。彼らの動きを分析し、非熟練者との違いを明確化できれば、「背中を見て学ぶ」、「技を盗む」、そんな非言語的なコミュニケーション手段で伝わってきた技術の伝承につながるのではないかと考えます。


産業技術総合研究所
知能システム研究部門 マニピュレーション研究グループ
嘉藤 佑亮 (2017年3月~)


AI技術をロボット分野に応用することで、社会の中でのロボットの活躍の場がより広がると思っています。しかしながら現状ではロボットに動作を設計するためには、専門的な知識や手間を多く必要とします。そこで人が持つ知識とロボットの自律的な学習を組み合わせることで、短時間でロボットが動作を獲得できることを目指しています。人とロボットがそれぞれ得意なことを相互に活かすことで、より良い社会を目指していきたいと思っています。


パナソニック株式会社
ビジネスイノベーション本部 AIソリューションセンター
村上 健太 (2017年6月~)


人工知能技術をヒト・ロボットの運動制御に応用することで、人間が行っている重労働からの解放や、高齢者がいつまでも活動的に生活できることに役立てたいと考えています。特に、人間の運動は複雑なため、従来までのモータによる外骨格型での運動アシストではなく、ワイヤを用いた人間の複雑な運動でも柔軟にアシストが可能なソフトウェアラブルなアシストスーツを世の中に普及させたいと思っています。


随時、研究者を紹介していきます。

発表リスト

2018


Yuri Nishikawa, Hitoshi Sato, Jun Ozawa:
"Multiple sports player tracking system based on graph optimization using low-cost cameras"
In Proceedings of 2018 IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE)

清丸 寛一、黒橋 禎夫、遠藤 充、山上 勝義:
「料理レシピとクラウドソーシングに基づく基本料理知識ベースの構築」
言語処理学会 第24回年次大会 発表論文集 p662-665

飯島 采永、青木 花純、山上 勝義、遠藤 充、小林 一郎、小澤 順:
「画像入力によるレシピ提案対話システムのための方策学習」
言語処理学会 第24回年次大会 発表論文集 p220-223

西川 由理、佐藤 仁、小澤 順:
「グラフ最適化を用いた多人数追跡手法におけるグリッドマップ生成の並列化」
第32回 人工知能学会全国大会

佐藤 仁、西川 由理、小澤 順:
「多人数追跡のための分散深層学習による高精度な検出にむけて」
第32回 人工知能学会全国大会

秦 希望、西川 由理、中山 俊、小澤 順、藤澤 克樹:
「K-Shortest Pathsを用いた多人数追跡におけるデータ削減による高速化」
第32回 人工知能学会全国大会

嘉藤 佑亮、中村 友昭、長井 隆行、山野辺 夏樹、永田 和之、小澤 順:
「軌道学習における試行回数削減のための強化学習手法」
第32回 人工知能学会全国大会

近藤 堅司、小澤 順、清野 正樹、藤本 真一、田中 雅人、安達 登志樹、伊藤 春海、木村 浩彦:
「U-Netを用いた胸部X線画像からの解剖学的構造の領域抽出」
第32回 人工知能学会全国大会

村上 佳菜子、橋本 典明、木戸 尚治、平野 靖、間普 真吾、近藤 堅司、小澤 順:
「CNN, FCN, U-Netを用いたびまん性肺疾患の領域抽出の比較」
第32回 人工知能学会全国大会

樋口 拓郎、間普 真吾、橋本 典明、木戸 尚治、平野 靖、近藤 堅司、小澤 順:
「畳込みニューラルネットワークとSVM を用いたびまん性肺疾患の陰影識別」
第32回 人工知能学会全国大会

山上 勝義、遠藤 充、清丸 寛一、黒橋 禎夫:
「食知識に基づく連想型レシピ提案対話システム」
第32回 人工知能学会全国大会

飯島 采永、青木 花純、山上 勝義、小林 一郎、小澤 順:
「画像入力から推定するユーザの嗜好に基づく対話への取り組み」
第32回 人工知能学会全国大会

岡田 征剛、村上 健太、井上 剛、遠藤 唯、今村 由芽子、小澤 順:
「ワイヤ型アシストスーツが荷物持ち歩行に及ぼす力学的影響」
第32回 人工知能学会全国大会

村井 大海、辻内 伸好、伊藤 彰人、北野 敬佑、村上 健太、岡田 征剛、井上 剛、遠藤 唯、今村 由芽子、小澤 順:
「ワイヤ型アシストスーツのトレッドミル歩行における力学的影響評価」
第32回 人工知能学会全国大会

藤橋 一輝、木村 雅之、金崎 朝子、小澤 順:
「半教師あり学習による商品画像中の個数と位置の同時推定」
第32回 人工知能学会全国大会

樋山 貴洋、佐藤 佳州、小澤 順:
「立ち上がり動作と下肢筋力との因果関係に関する考察」
第32回 人工知能学会全国大会


2017


Yuri Nishikawa, Hitoshi Sato, Jun Ozawa:
"Performance evaluation of multiple sports player tracking system based on graph optimization"
In Proceedings of 2017 IEEE International Conference on Big Data (Big Data), pp. 2903-2910

西川 由理、佐藤 仁、小澤 順:
「グラフ最適化を用いた多人数追跡システム設計とスポーツ動画への応用」
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 (SSI2017)

高橋 三郎、嘉藤 佑亮、小澤 順:
「深層学習を用いた吸着搬送時の対象物揺れ推定」
第18回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2017) 3A4-05

嘉藤 佑亮、永田 和之、山野辺 夏樹、小澤 順:
「カメラ付き吸着取り出システムによる充填状態からの取り出制御方向の学習」
2017年度 日本ロボット学会学術講演会

村上 健太、井上 剛、ジョン・ステファン、遠藤 維、今村 由芽子、小澤 順、岡田 征剛:
「ワイヤ型歩行アシストスーツによるヒト股関節への力学的支援効果」
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 (SSI2017)




Top