産総研ナノシステム研究部門

HOME >> 更新情報

更新情報

2014.04.08 研究成果 <プレス発表>水中の放射性セシウムを素早くモニタリング
地圏資源環境研究部門、ナノシステム研究部門
2014.04.03 研究成果 <出版物>TODAY 4月号 Vol.14 No.4
アモルファス金属酸化物の構造にある普遍性
-絶縁膜や透明電極などの合理的設計への貢献に期待-
2014.03.31 研究成果 <受賞>The Journal of Supercritical Fluids Editor-in-Chief’s Featured Article(February 2014)"Near-infrared spectroscopic solubility measurement for thermodynamic analysis of melting point depressions of biphenyl and naphthalene under high-pressure CO2" 
2014.03.19 研究成果 <受賞>JPSJ Papers of Editors' Choice
"First-Principles Study of Magnetocrystalline Anisotropy and Magnetization in NdFe12, NdFe11Ti and NdFe11TiN"
2014.03.12 研究成果 <出版物>TODAY3月号Vol.14 No.3
ダイヤモンドデバイスの高性能化の鍵を解明-表面付近の原子レベルでの構造が果たす重要な役割-
2014.02.28 イベント 産総研オープンラボ2013に”ナノシステム研究部門資料(ポスター集)”を追加
2014.02.19 研究成果 Joint international symposium on "Nature-inspired Technology (ISNIT) 2014" and "Engineering Neo-biomimetics V"/ Poster Award
2013.12.24 研究成果 <プレス発表>有機太陽電池の光電変換効率の理論限界をシミュレーション
-有機太陽電池の高効率化への指針-
2013.12.20 研究成果 <プレス発表>金属型・半導体型の単層カーボンナノチューブを効率的・高純度に分離
2013.11.21 研究成果 <プレス発表>植物系放射性セシウム汚染物の焼却灰を除染する技術を実証
-10トン超を焼却し、焼却灰の放射性セシウム60~90 %を抽出・固定化-
2013.10.28 研究成果 <受賞>第74回応用物理学会秋季学術講演会 Poster Award
「長カラムを用いた金属型カーボンナノチューブの構造分離」
2013.10.04 部門紹介 <活動報告>大学生見学会の報告
2013.10.01 研究成果 <プレス発表>アモルファス金属酸化物の構造に単純な秩序があることを提案
-絶縁膜、透明電極などの合理的設計への貢献に期待-
2013.09.30 研究成果 <特許情報>9月分を更新しました
2013.09.13 研究成果 <プレス発表>ダイヤモンド電子放出デバイスの高性能化の鍵を理論的に解明
-表面付近の原子レベルの構造が電子の放出効果に重要な役割-
2013.09.11 研究成果 <受賞>2013年度日本液晶学会賞 論文賞A部門(b分野)
山本貴広主研(スマートマテリアルグループ)、外1名
2013.09.09 研究成果 <受賞>日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム
特定セッション若手優秀発表賞
2013.09.09 研究成果 <受賞>HGCS Japan Award of Excellence 2013
2013.09.03 研究成果 <出版物>TODAY 9月号 Vol.13 No9
光照射でめっき薄膜の密着性を向上-新しい微細金属パターンの形成技術-
2013.08.29 研究成果 <特許情報>8月分を更新しました
2013.08.28 採用情報 平成25年度後期研究職員募集を開始。ナノシステム研究部門でも2課題において<任期付研究員>を募集しています。お気軽にお問い合わせください。
2013.08.02 研究成果 <出版物>TODAY 8月号 Vol.13 No.8
酸化亜鉛粒子を用いたランダムレーザー素子
-サブマイクロメートル球状粒子の新たな応用技術-
2013.07.26 研究成果 <特許情報>新着情報を掲載しました。
2013.07.23 イベント Prof. M. Parrinello 講演会のお知らせを追加いたしました。
2013.07.02 研究成果 <特許情報>新着情報を掲載しました。
2013.06.20 研究成果 <受賞>公益社団法人発明協会 平成25度全国発明表彰 発明賞を受賞
2013.06.11 研究成果 <出版物>Synthesiology Vol.6 No.2 2013
生体分子の分離法でカーボンナノチューブを分離
-大量・安価な金属型・半導体型CNTの生産を目指して-
2013.06.04 研究成果 <出版物>TODAY Vol.13 No.6 少量の添加でイオン液体を固める材料
2013.06.03 研究成果 <受賞>第34回本多記念研究奨励賞を受賞
2013.05.29 研究成果 <受賞>第15回大学女性協会守田科学研究奨励賞を受賞
2013.05.28 研究成果 <特許情報>を追加。
2013.05.16 研究成果 <受賞>日本化学会第93春季年会 優秀講演賞
「フレキシブルで高耐熱なポリイミドーシリカ多孔質体の創製」
ユニチカ中央研究所 福林夢人氏
(ナノケミカルプロセスグループ 依田智研究グループ長との共同研究)
2013.05.02 研究成果 <出版物>TODAY May Vol.13 No.5
内表面が疎水化された有機ナノチューブ
-薬物の放出制御や変性タンパク質の回復・活性の保護が可能に-
2013.05.02 研究成果 <出版物>TODAY May Vol.13 No.5
高精細な赤外線カラー暗視撮影技術
-暗闇にある物体を鮮明なハイビジョンカラー動画で撮影-
2013.04.17 研究成果 <受賞>文部科学大臣表彰 科学技術賞研究部門
「光による液体-固体相変化材料の研究」
2013.04.04 研究成果 <出版物>TODAY April Vol.13 No.4
極少量でイオン液体をゲル化する材料
-イオン伝導度を保持しつつイオン液体を固める添加剤-
2013.03.27 研究成果 光照射によるめっき薄膜の密着性向上法とパターニング法の開発
-新しい微細金属パターンの形成技術-
2013.02.13 研究成果 <受賞>The American Physical Society(APS)より,2013年Outstanding Referee に選出されました。
ダイナミックプロセスシミュレーショングループ長 宮本良之
2013.02.12 研究成果 <プレス発表>酸化亜鉛粒子を用いた発振特性に優れたランダムレーザー素子を開発 -サブマイクロメートル球状粒子の新たな応用技術-
2013.02.04 研究成果 <出版物>TODAY February Vol.13 No.2
計算シミュレーション技術の活用と産業普及への取り組み
2013.01.28 イベント 第5回産総研ナノシステム連携促進フォーラム(2月21日開催)参加申込開始
2013.01.22 研究成果 <プレス発表>柔軟で耐熱性に優れたポリイミド=シリカナノコンポジット多孔体
-高圧二酸化炭素を用いて空孔を形成させる新しい手法-
2013.01.04 研究成果 <出版物>発行している有機EL素子の内部を計測・評価
-動作中の有機EL素子内の分子を初めて評価可能に-
Copyright © 2010 Nanosystem Research Institute, AIST. All rights reserved.

ページの先頭へ戻る