計量標準総合センター : National Metrology Insutitute of Japan (NMIJ)

SI文書第9版(2019)日本語版及び関連資料

2019年5月20日、国際単位系(SI)にかかる大きな改定が実施されました。 SIの基盤である七つの基本単位(秒(時間)、メートル(長さ)、キログラム(質量)、アンペア(電流)、ケルビン(熱力学温度)、モル(物質量)、カンデラ(光度))のうち、キログラム、アンペア、ケルビン、モルの定義が改定されたのです。 特に、キログラムに関しては、130 年ぶりの改定でした。この改定によって、SI の基本単位は全てキログラム原器のような人工物から解放され、普遍的な定数にもとづき定義されることになりました。
計量標準総合センターでは、この定義改定にかかる情報を広く発信するために、冊子「国際単位系(SI)基本単位の定義改定と計量標準」を刊行しました。 本冊子には、定義の改定された四つの単位だけでなく、七つの基本単位のそれぞれについての解説記事を収録しています。 各記事では、「定義定数」にもとづく各単位の定義が導かれた経緯などが解説されています。 さらに、国際度量衡局(BIPM)が2019年に刊行した「The International System of Units, 9th edition」の日本語版「SI文書第9版(2019)日本語版」も収録しています。 本冊子が、定義改定にかかる情報を収集する際の包括的なリファレンスとなれば幸いです。

以下からダウンロードいただけます。
個人での使用および教育・研修での使用など、営利目的でなければ、許諾の必要はなく、印刷、配布していただいてかまいません。上記以外の目的の場合、【ご利用条件】が適用されます。

国際単位系(SI)基本単位の定義改定と計量標準(一括ダウンロード:16MB)

< 目次 >