計量標準総合センター : National Metrology Insutitute of Japan (NMIJ)

質量の特定標準器の変更について

                                産業技術総合研究所 計量標準総合センター(NMIJ)

  2019年5月20日、国際単位系における質量の単位「キログラム」の定義が普遍的な物理定数であるプランク定数に基づく定義へと改定されました。 国内でも、計量法で使用する単位の定義等を定めた計量単位令が改正されています。 さらに、質量の特定標準器としては、これまで単一の分銅である「キログラム原器」が指定されていましたが、キログラムの定義改定をうけ、新たな定義に基づき値付けされた多くの分銅からなる「標準分銅群」に変更されました。 詳細については下記の文書の通りです。

質量の特定標準器の変更について

<本件のお問合せ先>
担当 倉本直樹 e-mail: n.kuramoto@aist.go.jp


最終更新日 2019/5/20