計量標準総合センター : National Metrology Insutitute of Japan (NMIJ)

工学計測標準研究部門
強度振動標準RG
穀山 渉さん
工学計測標準研究部門
気体流量標準RG
岩井 彩さん
物理計測標準研究部門
量子電気標準RG
大江 武彦さん
物理計測標準研究部門
高周波標準RG
木下 基さん
物質計測標準研究部門
ガス・湿度標準RG
天野 みなみさん
物質計測標準研究部門
粒子計測RG
村島 淑子さん
分析計測標準研究部門
放射線標準RG
清水 森人さん
分析計測標準研究部門
X 線・陽電子計測RG
オロークブライアンさん

PROFILE
オロークブライアンさん
Brian O'ROURKE
分析計測標準研究部門
X 線・陽電子計測研究グループ
入所年 2010 年

故郷に戻りたいと思ったことはない。大切な家族と、大好きな研究がそこにあるから。
研究内容

「低速陽電子ビームの発生と陽電子消滅分光計測方法の開発」

 アイルランド出身のブライアンさんは、もともとは日本 の別の研究機関で働いていた。その後一度日本を 離れ、ドイツの研究所や地元アイルランドの大学で研 究を行っていたのだが、日本に残して来た妻と1歳の 娘への思いもあり、日本で働く機会を探していた。
 そんな時、産総研の話が持ち上がる。これ までの博士課程の研究テーマは、原子物理 で面白い研究だったが、直接世の中の役に 立っているという実感を得ることができな かった。自分の専門を活かして、人の 役に立ちたいという思いがずっとあった。 直接人の役に立つ研究をしたくて産総 研で働きたいと強く思った。
 産総研に入ってからの研究は、陽電 子を人工的に発生させること。これは、 全くやっていなかった研究だった。不安 もあったし、陽電子も素人だったので慣 れるまでは大変だった。でもグループが 少人数で、先輩がとても親身になって教 えてくれたので、そこで育ててもらったこと に本当に感謝している。ブライアンさんは自 分の経験から、「専門外の分野で研究を行 う時には、細かい経験や知識よりも熱意や 好奇心を持つことが大事」。そう教えてく れた。
 6 年前に入所した時には、低速陽電子 ビームの強度を上げるため、超伝導加速 器空洞を別な研究機関から譲ってもらって、パーツ からひとつ一つコツコツと組み立てることから始まっ た。新品ではないので色んなところが故障して大変 だった。組み立てている最中に、東日本大震災が起 こった。キーパーツが壊れたり手に入らなかったりし て本当に大変だったが、何とかそれらを乗り越えて 動かすことに成功した時は嬉しかった。でもまだユー ザに貢献出来るまでの装置には至っていない。そこ までの道がとても長いがそれをやり遂げたいという。
 『研究を社会に!』ブライアンさんは、産総研をそう 一言で表してくれた。それが他の研究所とは違う。 研究の先を常に頭においている。今の装置がきちん と動くとビームの強度が向上して、今よりも強い低速 陽電子を発生することができる。早く装置を完成させ て、新たな計測方法を開発したいと。しかし、今の 装置を完成するためには、装置の開発費用も必要。 その為に研究の必要性を周囲に伝えて行くことも大 切。良い研究をして結果を残し、次世代に研究の 重要性を示してあげないといけないと思っている。
 またブライアンさんにとって、3 人の子どもたちと公 園で遊ぶことが何よりも楽しい時間。「仕事も家族も 両方大事。大切な家族と、大好きな研究ができて本 当に幸せ。アイルランドに戻りたいと思ったことは特に ない。治安もよくて、景色もきれい、人も優しい大好 きな日本で、これからも人の役に立つ研究をして行き たい」。ブライアンさんの中にある日本は、もう故郷そ のものなのかもしれない。      
オロークブライアンさん オロークブライアンさん
[ページの上に戻る]