超伝導計測信号処理グループ/ Advanced Materials and Devices Integration Group

現在位置産総研ホーム組織 > ナノエレクトロニクス研究部門 > 超伝導計測信号処理グループ > 研究

研究内容

1. 超伝導集積回路作製技術

circuit_fab

2. 低雑音検出器 & 読出回路

  超伝導検出器の計数率・イメージング機能増大のため、多画素化、特に極低温での多重読出技術を開発します。

noise_detect

語句説明:
SQUID(超伝導量子干渉素子):量子限界に迫る超低雑音の磁束計・電流計;DC-SQUIDとRF-SQUIDがある。 TES(超伝導転移端センサ):近赤外より短波長の電磁波に対し単一光子エネルギーを検出可能な熱型検出器。 MKID(超伝導力学インダクタンス検出器):入射光子・粒子のエネルギーによるインダクタンス変化に基く検出器。

3. 量子アニーリング

quantum annealing

4. 電気標準デバイス

  高精度な量子電気標準は、単に物理量を正確に測定するために必要なだけではなく、精密な製品を作るためにも不可欠です。

std_device