ナノエレクトロニクス研究部門ナノエレクトロニクス研究部門

現在位置産総研ホーム > 組織 > ナノエレクトロニクス研究部門

▶ English    


エレクトロニクス・製造分野
  集積回路に用いられる材料、デバイス、作製プロセス、設計、及び、解析評価に関するコア技術を創出し、大規模化・多様化するデータ利活用の超低消費電力化を先導します。また、インフラ診断等の社会ニーズに対応する高性能センシングや市場ニーズに柔軟に対応するデバイス製造・回路設計を、超伝導、ミニマルファブ、FPGA等の技術を応用して開発します。これらの成果の産業界や社会への橋渡しを実行して我が国の半導体関連産業の競争力を強化し、様々な分野におけるイノベーション創出の基盤である情報通信プラットフォームの高度化と高効率化に貢献します。
 

更新情報

 
2018年10月10日 受賞 右田真司上級主任研究員が、第232回 ECS Meetingで開催された “Semiconductors, Dielectrics, and Metals for Nanoelectronics 15: In Memory of Samares Kar” シンポジウムで行った講演について best paper awardを受賞しました。
タイトル:Relationship between Ferroelectricity and Electrical Breakdown in Hf-Zr-O Thin Films
受賞の様子はこちらから
2018年9月12日 受賞 村上勝久主任研究員が、 エレクトロニクス・製造領域 若手発表会 領域長賞 を受賞しました。
タイトル:絶縁基板上へのグラフェン直接合成技術を用いた低電圧・大気圧で動作可能な超高効率グラフェン平面電子源の開発
受賞の様子はこちらから
2018年8月7日 お知らせ 2018年7月21日(土)産総研つくばセンター一般公開にて チャレンジコーナーNO.37「手作りコンピューター最初の一歩 ラムちゃんとリングくんボードを作ってみよう」を出展しました。
   18組×4回、合計72組の方にご参加いただき、工作と展示をお楽しみいただきました。
   参加くださった皆様、ご協力の皆様、ありがとうございました。 詳細はこちらからご覧ください。
2018年7月18日 お知らせ 2018年7月21日(土)産総研つくばセンター一般公開にて チャレンジコーナーNO.37「手作りコンピューター最初の一歩 ラムちゃんとリングくんボードを作ってみよう」を出展します。
   つくばセンター一般公開詳細ページはこちらから
   昨年の様子はこちらからご覧ください。
2018年7月3日 受賞 前澤正明主任研究員が、 未踏科学技術協会第22回超伝導科学技術賞を受賞しました。
タイトル:超伝導回路によるボルツマン定数の絶対測定と国際単位系改定への貢献
詳細はこちらから
2018年7月3日 受賞 前澤正明主任研究員が、 平成29年度エレクトロニクスソサイエティ活動功労表彰を受けました。
タイトル:アドホック幹事として100年コンテンツワーキンググループの活動に貢献
詳細はこちらから
2018年5月30日 プレスリリース 機械学習での訓練処理の時間を最大1/5に短縮する計算方式と回路 −サービス最適化を高速化して、事業者のビジネスチャンス拡大に貢献−
2018年5月9日 受賞 猪股邦宏主任研究員が、 日本学術振興会超伝導エレクトロニクス第146委員会賞を受賞しました。
タイトル:超伝導エレクトロニクス
詳細はこちらから
2018年5月9日 受賞 猪股邦宏主任研究員が、未踏科学技術協会第22回超伝導科学技術賞を受賞しました。
タイトル:マイクロ波単一光子検出器の提案と実証
詳細はこちらから
2018年4月3日 受賞 European symposium on Phase-Change and Ovonic Sciences 2017において、ミトロファノフ・キリル研究員が Best Poster Awardを受賞しました。 発表題目:"Multi-level switching in GeTe/Sb2Te3 iPCM"
詳細はこちらから
2018年4月3日 受賞 The 29th Symposium on Phase Change Oriented Scienceにおいて、ミトロファノフ・キリル研究員が Best Paper Awardを受賞しました。 発表題目:"Multi-level switching in GeTe/Sb2Te3 based iPCM"
詳細はこちらから
2018年2月7日 プレスリリース 光子・粒子・電磁波用超伝導検出器の画素数を飛躍的に増大する読出回路−新回路で、小型・低消費電力・廉価な汎用型高性能計測器の実現へ−
2018年1月24日 受賞 IEEE GCCE (Global Conference on Consumer Electronics) 2017において、片下研究員が2nd Prize, IEEE GCCE 2017 Excellent Demo! Awardを受賞しました。 発表題目:"Prototype of USB Stick-sized PUF Module for Authentication and Key Generation"
詳細はこちらから
2018年1月9日 お知らせ 第6回CRAVITY  シンポジウムを開催します。
  開催日 : 2018年2月7日(水)、2月8日(木)
  開催場所 : 産業技術総合研究所 つくば中央 2-1D棟8階  大会議室
詳細を部門イベントページに掲載しています。    
アクセス詳細はこちらからご覧ください。
2017年11月15日 受賞 電子情報通信学会「デザインガイア2017」において、大内主任研究員が最優秀ポスター賞を受賞しました。 発表題目「情報落ちを考慮した短ビット長フォーマットによるDCNNトレーニングの検討」
詳細はこちらから
2017年9月5日 お知らせ 第3回内閣府SIP革新的構造材料 先端計測拠点 TIA-Fraunhofer  合同シンポジウムを開催します。
  開催日 : 2017年10月3日(火)〜10月5日(木)
  開催場所 : 産業技術総合研究所 つくばセンター 共用講堂  大会議室

詳細はこちらからご覧ください。     English pageはこちらから。
部門イベントページにも掲載しています。

2017年8月9日 お知らせ 2017年7月22日(土)産総研つくばセンター一般公開にて チャレンジコーナー「手作りコンピューター最初の一歩 ラムちゃんとリングくんボードを作ろう」を出展しました。
   18組×4回、合計72組の方にご参加いただき、工作と展示をお楽しみいただきました。
   参加くださった皆様、ご協力の皆様、ありがとうございました。 詳細はこちらからご覧ください。
2017年7月11日 お知らせ 2017年7月22日(土)産総研つくばセンター一般公開にて チャレンジコーナーNO.29「手作りコンピューター最初の一歩 ラムちゃんとリングくんボードを作ろう」を出展します。
   つくばセンター一般公開詳細ページはこちらから
   昨年の様子はこちらからご覧ください。
2017年6月20日 プレスリリース ゲルマニウム単結晶の超薄膜化により電子移動度が飛躍的に向上 −集積回路の高速化と低消費電力化に貢献−
2017年6月13日 お知らせ 第23回国際交流会議「アジアの未来」晩餐会の安倍首相スピーチにおいてクンプアン・ソマワン主任研究員が紹介されました。
産総研ニュース記事はこちらからご覧ください。
2017年5月10日 採用情報 人材募集:     公募課題名は以下の4課題です。
  
【テニュアトラック型またはパーマネント型】
  • DEV-1 「ロジックおよびメモリ回路の低消費電力化と三次元集積に関する研究開発」
  • SDEV-1 「ポストムーア超高性能計算機の技術分野横断的開発」

  • 【年俸制】
  • PDEV-1  「ウエハレベル三次元集積技術の研究開発」
  • PMANU-1 「ミニマルファブを用いたデバイス製造のための設計・プロセス技術開発」

  • 詳細はこちらからご覧ください。
    2017年1月13日 プレスリリース 抵抗変化メモリーの挙動を電流ノイズから解明 −不揮発性メモリーの用途拡大へ向けて−

    連絡先

    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 ナノエレクトロニクス研究部門

    〒305-8568 茨城県つくば市梅園1-1-1 つくば中央第2
    電話:029-861-3483 FAX:029-861-5088 Eメール: